移動管制隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
移動管制隊
創設 2003年3月27日
所属政体 日本の旗 日本
所属組織 Flag of the Japan Air Self-Defense Force.svg 航空自衛隊
部隊編制単位
所在地 茨城県百里基地
編成地 茨城県百里基地
上級単位 航空保安管制群
最終上級単位 航空支援集団
担当地域 日本全国
テンプレートを表示

移動管制隊(いどうかんせいたい、英称:Mobile Air Traffic Control Squadron)は、航空自衛隊航空支援集団航空保安管制群隷下の航空管制部隊。百里基地に所在し、各種移動式管制器材を運用する。

概要[編集]

移動管制隊の前身は、1992年(平成4年)3月に千歳管制隊内に新設された移動管制班と翌年3月に三沢管制隊内に新設された移動管制班で、2003年(平成15年)3月27日に両移動管制班を統合して新規編成されている[1]

移動管制隊は、航空自衛隊が所在する飛行場の管制器材の定期修理や故障時に移動式管制器材を展開しての航空管制業務や航法援助を主任務としている[2]
また、3年に一度実施される航空観閲式で百里基地の航法援助を行うほか、国家行事や移動管制班時代には1998年(平成10年)の長野オリンピックで、開会式でのブルーインパルス展示飛行支援のために展開したこともある[1]

沿革[編集]

部隊編成[編集]

  • 移動管制隊
    • 総括班
    • 管制班
    • 整備班

主要装備[編集]

  • 移動式管制塔 J/TSC-701
  • 移動式ラプコン装置 J/TPQ-701/702
  • 移動式タカン装置 J/TRN-501/502

脚注・出典[編集]

  1. ^ a b c d e f イカロス出版 Jwing No218 2016年10月号 55頁-57頁 「突撃レポート部隊の舞台裏 第9回航空自衛隊移動管制隊」鈴木利治
  2. ^ 航空保安管制群部隊紹介移動管制隊2017年11月27日閲覧
  3. ^ イカロス出版 2016年9月号 44頁-45頁 「全国の空自基地へ展開する新型移動式ラプコン登場!」