稀見理都

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

稀見 理都(きみ りと、4月28日 - )は、日本の美少女コミック研究家、マンガ家インタビュアー、ライター。アメリカでの肩書きはHentai・Specialist。サークル「フラクタル次元」主宰。

略歴[編集]

2008年より同人誌『エロマンガノゲンバ』を編集、出版。

『増補エロマンガ・スタディーズ』(ちくま文庫永山薫)の監修、『いちきゅーきゅーぺけ』(白泉社甘詰留太)のエロマンガ時代考証をそれぞれ担当。

企画「エロマンガとSF」が第24回暗黒星雲賞を受賞。2015年にカリフォルニアで開催された北米最大のアニメイベント「アニメ・エキスポ」にはHentai・Specialistの肩書きでゲスト招待され、講演を行う。

  • 『マンガ論争』(マンガ論争編集部)に主にエロマンガに関する記事を執筆。
  • 『マンガで食えない人の壁』(トキワ荘プロジェクト):話し手
  • SF好きでありSF大会を怖がる大井昌和をSF大会に誘っている。
  • 永山薫より「二代目・永山薫を襲名しないか」という問いに「ありがとうございます。だが断る!」と丁寧に断っている。
  • 著書の1つ『エロマンガ表現史』は、2018年3月30日北海道より有害図書指定を受けている[1]

著書[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]