程畿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
程畿
成都武侯祠の程畿塑像(中央)
成都武侯祠の程畿塑像(中央)
蜀漢
従事祭酒
出生 生年不詳
益州巴西郡中県
死去 章武2年(222年
拼音 Chéng jī
季然
主君 劉璋劉備

程 畿(てい き、? - 222年)は、中国後漢末期から三国時代蜀漢にかけての武将。季然益州巴西郡中県の人。子は程郁・程祁。

事跡[編集]

羲を諫止[編集]

初め劉璋に仕え、漢昌県長となった。

ある時、龐羲漢中張魯に対抗するため、私兵を募集していた。ところが劉璋に讒訴する者がいたため、龐羲は劉璋から猜疑の目で見られるようになった。龐羲は程畿の子程郁を配下としており、程郁を程畿の下に派遣して救援を求めた。しかし程畿は「異心を抱いていないのなら、誠意を尽くすべきです」と回答し、これを拒否した。また程郁に対しては「私は州から恩を受けているから、州牧のために節を尽くすのです。おまえは郡吏であるから、太守のために力を揮い、私の存在を理由にして、異心を抱くことがないようにしなさい」と諭している。

程畿の回答を聞いた龐羲は別人を派遣し、協力しなければ程郁を殺すと脅しをかけた。しかし程畿は、楽羊が子の羹を飲んだ故事を引き、大義に従うと回答し重ねて拒否した。程畿の助力を得られないと悟った龐羲は、ついに劉璋に謝罪。劉璋もこれを許した。後に劉璋は程畿の振舞いを聞いて、彼を江陽太守に採り立てている。

夷陵の戦いに散る[編集]

劉備が益州を支配すると、程畿は従事祭酒として登用された。章武2年(222年)、劉備が征討に出陣すると、程畿もこれに随従した。夷陵の戦いで大敗したとき、ある者が「船を軽くすれば逃れることができましょう」と進言したため、程畿は「私は軍中にあって、いまだに敵から逃走したことは一度もない。陛下に従いともに危地に見えながら、そんなことができようか」と反論した。程畿は船上で自ら戟を手にし、追撃してくる呉軍と戦い、いくつか敵船を沈めたが、最後は衆寡敵せず戦死した。

楊戯の『季漢輔臣賛』においては、その剛毅にして節義ある人柄を讃えられている。子は上述の程郁の他に、程祁(字は公弘)もまた『季漢輔臣賛』で言及されるほどの人材ではあったが、20歳で夭折した。

小説『三国志演義』にも登場し、史実同様に戦死している。

参考文献[編集]