稚野毛二派皇子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
稚野毛二派皇子
(若沼毛二俣王/若野毛二俣王)
配偶者 紀:記載なし
記:百師木伊呂弁
上宮記:母々恩己麻和加中比売
子女 紀:忍坂大中姫命
記:大郎子ら7子
上宮記:大郎子ら4子
父親 応神天皇
母親 紀:弟姫
記:息長真若中比売
上宮記:弟比売麻和加
テンプレートを表示

稚野毛二派皇子(わかぬけふたまたのみこ[1]/わかぬけふたまたのおうじ[2])は、記紀等に伝わる古代日本皇族

日本書紀』では「稚野毛二派皇子」のほか「稚渟毛二岐皇子」、『古事記』では「若沼毛二俣王」・「若野毛二俣王」、他文献では「稚渟毛二俣王」・「稚渟毛二派王」・「稚沼毛二俣命」などとも表記される。

『日本書紀』『古事記』とも事績の記載はない。

第15代応神天皇の第五皇子。第16代仁徳天皇の弟、第20代安康天皇と第21代雄略天皇の外祖父(母方の祖父)、さらに第26代継体天皇の高祖父とされる人物である。

系譜[編集]

日本書紀[編集]

日本書紀応神天皇[原 1]では稚野毛二派皇子(稚渟毛二岐皇子)の出自について、第15代応神天皇と、河派仲彦(かわまたなかつひこ)の娘での弟媛(おとひめ)との間に生まれた皇子とする[3][4][1]。同母兄弟の記載はない。

子に関して、允恭天皇紀・安康天皇紀[原 2]では、娘の忍坂大中姫命(おしさかのおおなかつひめのみこと、母は不明)が允恭天皇(第19代)の妃となり、木梨軽皇子・穴穂天皇(第20代安康天皇)・大泊瀬稚武天皇(第21代雄略天皇)らを産んだとする[5][6]

古事記[編集]

古事記』応神天皇段[原 3]では若沼毛二俣王(若野毛二俣王)の出自について、応神天皇と、咋俣長日子王(くいまたながひこのみこ、杙俣長日子王)の娘の息長真若中比売との間に生まれた皇子とする[7][8][9][1]。同母兄弟の記載はない。

子に関しては、息長真若中比売の妹の百師木伊呂弁(またの名を弟日売真若比売命)を娶り、次の7子をもうけたとする[10]

  • 大郎子(またの名を意富富杼王) - 三国君・波多君・息長坂君・酒人君・山道君・筑紫之末多君・布勢君等の祖。
  • 忍坂之大中津比売命 - 允恭天皇の妃、木梨之軽王・穴穂命(安康天皇)・大長谷命(雄略天皇)らの母。
  • 田井之中比売
  • 田宮之中比売
  • 藤原之琴節郎女
  • 取売王
  • 沙禰王

上宮記[編集]

釈日本紀』所引『上宮記』逸文[原 4]では若野毛二俣王の出自について、凡牟都和希王(応神天皇)と、洷俣那加都比古の娘の弟比売麻和加との間に生まれた皇子とする[1]。同母兄弟の記載はない。

子に関しては、母々恩己麻和加中比売を娶り、次の4子をもうけたとする。

続けて、意富富等王から乎非王、汗斯王(彦主人王)、乎富等大公王(第26代継体天皇)と続く系譜が記載される。

後裔[編集]

氏族[編集]

新撰姓氏録』では、次の氏族が後裔として記載されている。

  • 左京皇別 息長真人 - 出自は誉田天皇(謚応神)皇子の稚渟毛二俣王の後。
  • 左京皇別 山道真人 - 息長真人同祖。稚渟毛二俣親王の後。
  • 左京皇別 八多真人 - 出自は謚応神皇子の稚野毛二俣王。
  • 右京皇別 山道真人 - 息長真人同祖。応神皇子の稚渟毛二俣親王の後。
  • 左京皇別 坂田宿禰 - 息長真人同祖。応神皇子の稚渟毛二派王の後。
  • 右京皇別 息長連 - 応神天皇皇子の稚渟毛二派王の後。

国造[編集]

先代旧事本紀』「国造本紀」では、次の国造が後裔として記載されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

原典

  1. ^ 『日本書紀』応神天皇2年3月壬子(3日)条。
  2. ^ 『日本書紀』允恭天皇2年2月己酉(14日)条・安康天皇即位前紀条。
  3. ^ 『古事記』応神天皇段。
  4. ^ a b 『釈日本紀』巻13(述義9)第17所引『上宮記』逸文。 - 『国史大系 第7巻』(経済雑誌社、1897年-1901年、国立国会図書館デジタルコレクション)354-355コマ参照。

出典

  1. ^ a b c d 稚野毛二派皇子(古代氏族) & 2010年.
  2. ^ 「稚野毛二派皇子」『日本人名大辞典』 講談社。
  3. ^ 宇治谷 1988, p. 211.
  4. ^ 『新編日本古典文学全集 2 日本書紀 (1)』小学館、2002年(ジャパンナレッジ版)、p. 471。
  5. ^ 宇治谷 1988, p. 264-265.
  6. ^ 『新編日本古典文学全集 3 日本書紀 (2)』小学館、2004年(ジャパンナレッジ版)、pp. 106-107, 130-131。
  7. ^ 竹田 2016, p. 340-341.
  8. ^ 中村 2015, p. 377.
  9. ^ 『新編日本古典文学全集 1 古事記』小学館、2004年(ジャパンナレッジ版)、pp. 257-258。
  10. ^ 『新編日本古典文学全集 1 古事記』小学館、2004年(ジャパンナレッジ版)、pp. 282-283。
  11. ^ a b 『国造制の研究 -史料編・論考編-』 八木書店、2013年、pp. 276-277。

参考文献[編集]

  • 宇治谷孟 (1988-6-10). 日本書紀(上) 全現代語訳. 講談社学術文庫 (1st ed.). 講談社. ISBN 4-06-1588338. 
  • 竹田恒泰 (2016年6月28日 発行). 現代語古事記 ポケット版 (1st ed.). 学研プラス. ISBN 978-4-05-406454-6. 
  • 中村啓信 (2015年5月15日 発行). 新版 古事記 現代語訳付き. 角川文庫 15906 (11th ed.). 株式会社KADOKAWA. ISBN 978-4-04-400104-9. 
  • 小野里了一「若野毛二俣王」『日本古代史大辞典』大和書房、2006年。ISBN 4479840656。
  • 「稚野毛二派皇子」『日本古代氏族人名辞典 普及版』吉川弘文館、2010年。ISBN 978-4642014588。