種痘所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
佐賀県立図書館蔵『種痘之図』。三井元圃種痘所発行

種痘所(しゅとうしょ)とは、日本の江戸時代末期において天然痘予防及び治療を目的に設立された医療機関。特に1858年伊東玄朴らによって開設された「お玉ヶ池種痘所」(東京大学医学部発祥の地、前身)が有名である。

歴史[編集]

日本初の種痘所は、1849年7月20日にオットー・モーニッケOtto_Gottlieb_Mohnike)によって長崎に開設された。その後、佐賀藩主である鍋島直正から江戸の佐賀藩医京都の日野鼎哉へと痘苗が送られた。この痘苗をもとに分苗され、福井関東東北関西の各地に種痘所が開設されることとなった。

参考文献[編集]

  • 深瀬泰旦 『天然痘根絶史』 恩文閣出版、2002年9月 ISBN 4-7842-1116-0
  • 古西義麿 『緒形洪庵と大坂の除痘館』 東方出版、2002年12月 ISBN 4-88591-820-0

関連項目[編集]