種穂山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
種穂山
標高 378.9 m
所在地 日本の旗 日本
徳島県吉野川市
山系 剣山地
種穂山の位置
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

種穂山(たなほやま)は、徳島県吉野川市に位置するである。標高は378.9m。

地理[編集]

種穂山は高越山の一文脈がJR川田駅の西方に延びて、吉野川に突き出しており、頂上からは淡路島沼島などの島を眺めることができる[1]

山頂には天日鷲命を祀る種穂神社が鎮座し、忌部氏のゆかりの地と伝わる。種穂山の北向の山を「鼓の山」と呼び、西行が詠んだ和歌とされる「鼓山うち出で見れば西林 岩津というはおしの住み家」の作が伝えられている。

伝承[編集]

天日鷲命天磐船に乗り高天原から携えてきた麻・穀・粟・五穀の種をもって降臨したと伝わる[2]

脚注[編集]

  1. ^ 山川町の文化財:種穂山”. NPO法人元気やまかわネットワーク. 2019年1月19日閲覧。
  2. ^ 「忌部」歴史交流の軌跡”. 忌部文化研究所. 2019年1月19日閲覧。