稲佐神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
稲佐神社
Inasa-jinja.JPG
拝殿
所在地 佐賀県杵島郡白石町辺田
位置 北緯33度09分47.3秒
東経130度06分02.5秒
座標: 北緯33度09分47.3秒 東経130度06分02.5秒
主祭神 五十猛命・大屋津姫命 他
社格 国史見在社・旧県社
創建 不明
本殿の様式 入母屋造
別名 稲佐大明神
例祭 10月19日
テンプレートを表示

稲佐神社(いなさじんじゃ)は、佐賀県杵島郡白石町に鎮座する神社である。国史見在社の「稲佐雄神」に充てられている。旧社格は県社。

祭神[編集]

歴史[編集]

創祀年代は不詳であるが、社伝によると天地開闢の頃に五十猛命を祀ったという。飛鳥時代百済より阿佐王子が来朝し、この地に留まり居を定め、稲佐大神とともに両親を合祀した。阿佐王子が亡くなった後、阿佐王子も合祀された。

平安時代に入り、空海により稲佐泰平寺(稻佐山泰平寺、現在は大師堂、座主坊、観音院、玉泉坊の4坊が存在)が開かれ、その鎮守神として稲佐大明神が位置づけられ、真言寺十六坊と呼ばれる一大霊所となった。貞観3年(861年8月24日、従五位下の神階を賜り、仁和元年(885年2月10日に従五位上に昇った(『三代実録』)。その後、幾多の盛衰を繰り返したが、龍造寺氏鍋島氏の保護を受け発展した。現在の本殿は、享保6年(1721年)に再建されたものである。旧県社

祭事[編集]

  • 祈年祭   2月28日
  • かけ参り  2月10 - 20日頃
  • 秋季例祭  10月19日
  • 新穀感謝祭 12月 3日
  • お火焚き  12月26日

境内社[編集]

  • 御嶽神社
  • 八幡神社
  • 天満神社
  • 稲荷神社
  • 忠霊神社

文化財等[編集]