稲原村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
いなはらむら
稲原村
廃止日 1956年9月30日
廃止理由 新設合併
印南町、稲原村印南町
現在の自治体 印南町、御坊市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 近畿地方
都道府県 和歌山県
日高郡
面積 27.23km².
総人口 3,199
国勢調査1955年
隣接自治体 御坊市
日高郡印南町、川辺町切目川村
稲原村役場
所在地 和歌山県日高郡稲原村大字印南原
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

稲原村(いなはらむら)は、和歌山県日高郡にあった。現在の印南町の北西部、紀勢本線稲原駅の周辺および御坊市明神川にあたる。

地理[編集]

  • 山岳 : 講山、寺山、琴平山、黒岩山、青垣内山、雨乞山、橋免山、赤松山
  • 河川 : 印南川、王子川

歴史[編集]

経済[編集]

農業

『大日本篤農家名鑑』によれば、稲原村の篤農家は「笹野雄助、笹野梅太郎」などである[1]

交通[編集]

鉄道路線[編集]

道路[編集]

現在は旧村域を阪和自動車道が通過するが、当時は未開通。

出身・ゆかりのある人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『大日本篤農家名鑑』120頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年5月13日閲覧。
  2. ^ 二階運輸大臣の半生 政治家というのは忙しい仕事なんだな、『小説 二階俊博』、二階事務所ホームページ。

参考文献[編集]

  • 大日本篤農家名鑑編纂所編『大日本篤農家名鑑』大日本篤農家名鑑編纂所、1910年。
  • 角川日本地名大辞典 30 和歌山県』。

関連項目[編集]