稲垣秀人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
いながき ひでと
稲垣 秀人
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 埼玉県川口市
生年月日 (1977-12-10) 1977年12月10日(43歳)
最終学歴 早稲田大学政治経済学部卒業
勤務局 NHK大津放送局
部署 放送部
職歴 京都新潟名古屋東京アナウンス室大津
活動期間 2002年 -
ジャンル 主にスポーツ
配偶者 陣内智衣(フリー)
出演番組・活動
出演中 おうみ発630
出演経歴 本文参照
アナウンサー: テンプレート - カテゴリ

稲垣 秀人(いながき ひでと、1977年12月10日 - )は、日本放送協会(NHK)のアナウンサー

来歴[編集]

東京都生まれ[1][2]、幼少期は埼玉で育ち[1]、その後はふたたび東京で育つ[1]

東京都立町田高等学校早稲田大学政治経済学部を卒業。

職務経歴

2002年、NHKに入局[3]。研修を経て、京都放送局に配属。

NHK新潟放送局へ異動[いつ?]。『新潟ニュース610』のスポーツコーナー、『ゆうどきネットワーク新潟』のニュース読みなどを担当。2009年夏の全国高校野球大会の全国中継で初めて実況を担当[1]

名古屋拠点放送局へ異動[いつ?]。『おはよう東海』の仕事などを担当。

東京アナウンス室へ異動。 2016年4月より、『サイエンスZERO』のナレーションを担当。

大津放送局へ異動[いつ?]。2018年7月より『おうみ845』のキャスターを担当。また『おうみ発630』のメインキャスターを担当。

2020年、10月に第81回菊花賞、12月に第65回有馬記念の実況なども担当し、翌2021年、キャリア19年目で初めて日本ダービーの実況席に座った。

そのほか、サッカーの実況なども担当。→#担当番組

パーソナルデータ[編集]

担当番組[編集]

現在の担当番組[編集]

過去の担当番組[編集]

競馬GI実況歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g NHKアナウンス室、稲垣秀人
  2. ^ 『NHKステラ』2006年12月号
  3. ^ 『NHKウィークリーステラ』2017年10月号
  4. ^ a b c NHK大津