稲富稜人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

稲富 稜人(いなとみ たかと、1902年10月19日 - 1989年11月6日 )は、日本の政治家。民社党所属の衆議院議員(11期)。

来歴[編集]

福岡県八女郡岡山村(現八女市)出身。代用教員を経て1925年早稲田大学政経学部を卒業。卒業後は農民運動に身を投じた。その後、日本農民党に参加。社会民衆党に入り1935年福岡県議に当選。1946年日本社会党から衆議院議員になったが公職追放を受け、同年6月22日、議員を辞職した[1]。1953年社会党右派から立候補して当選。のちに民主社会党に移り、当選11期を数えた。1986年に政界を引退した。

日本中央競馬会馬主登録(名義は「有限会社稲富商店」)もしており、主な持ち馬には「走る労働者」の異名を取ったイナボレスオールカマー目黒記念勝ちなど)がいた。

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第5837号、昭和21年7月1日。

参考文献[編集]