稲山正弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

稲山 正弘(いなやま まさひろ、1958年昭和33年) - )は、日本の木質構造家東京大学大学院農学生命科学研究科教授。木質構造研究会会長。中大規模木造プレカット技術協会代表理事。

愛知県出身。

略歴[編集]

受賞歴[編集]

  • 2000年:第3回木材活用コンクール最優秀賞・農林水産大臣賞(いわむらかずお絵本の丘美術館)
  • 2002年:日本建築学会賞(技術)、松井源吾賞(岐阜県立森林文化アカデミー)
  • 2005年:日本建築仕上学会賞(作品賞・建築部門)(ウトコリミテッド室戸工場)
  • 2006年:杉山英男賞 
  • 2009年:JSCA賞(弥生講堂アネックス) 
  • 2010年:日本建築学会作品選奨(弥生講堂アネックス)
  • 2013年:日本建築士連合会優秀賞(北沢建築工場)
  • 2014年:日本建築仕上学会賞(作品賞・建築部門)(北沢建築工場)
  • 2015年:日本建築学会作品選奨(鹿北小学校)、第18回木材活用コンクール最優秀賞・農林水産大臣賞(住田町庁舎)
  • 2016年:BCS賞(住田町庁舎)
  • 2017年:第20回木材活用コンクール最優秀賞・農林水産大臣賞(戸越銀座駅)

ほか

主な著書[編集]

  • 「中大規模木造建築物の構造設計の手引き」

ほか