稲村公望

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

稲村 公望(いなむら こうぼう、1948年12月10日 - )は総務官僚。総務省政策統括官郵政事業庁次長、日本郵政公社常務理事、日本郵便副会長を歴任。鹿児島県大島郡天城町徳之島、出生時は琉球列島米国民政府占領下)出身。

年譜[編集]

著書[編集]

  • ふるさとは心も姿も美しく(郵研社、2004年
  • 黒潮文明論 ふるさとは心も姿も美しく(郵研社、2012年
  • 黒潮文明論 民族の基層と源流を想う(彩流社2015年
  • 日米戦争を起こしたのは誰か(共著、勉誠出版2016年
  • 「ゆうちょマネー」はどこへ消えたか “格差”を生んだ郵政民営化の真実(菊池英博と共著、彩流社、2016年
  • 月刊日本 レギュラー執筆陣 月刊日本

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』号外第14号、2019年(令和元年)5月21日

関連項目[編集]