稲核橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
稲核橋
稲核橋
稲核橋(上)と先代稲核橋(下)
基本情報
日本の旗 日本
所在地 長野県松本市
交差物件 信濃川水系梓川
建設 1965年
座標 北緯36度10分06.5秒東経137度46分21.5秒座標: 北緯36度10分06.5秒 東経137度46分21.5秒[1]
構造諸元
形式 鋼上路2ヒンジソリッドリブアーチ橋
材料
全長 92 m
関連項目
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示

稲核橋(いねこきはし)は、長野県松本市信濃川水系梓川に架かる国道158号

概要[編集]

長野県松本市安曇稲核集落の1km下流に位置する。当橋の上流140mには東京電力発電用ダム稲核ダムがある。谷が深い当地に建設された当橋の形式は上路アーチ橋であり、橋脚は両岸の岩盤に固定されているだけで、中ほどの橋脚はない。国道158号を下流から上流に向かうと、新淵橋で梓川左岸に渡り、この稲核橋までは左岸を通っている。稲核橋で右岸に渡り、奈川渡ダムまでは右岸を通る。

稲核橋の変遷[2]
橋名 稲核橋(初代) 稲核橋(2代) 稲核橋(3代) 稲核橋(現行)
開通年 1884年 1903年 1936年 1965年
型式 木造刎橋
(明治初年は藤蔓橋)
釣橋
(後に木造方杖橋に改造)
鋼上路
トラスドアーチ橋
鋼上路2ヒンジ
ソリッドリブアーチ橋
全長 (m) ? 44 48.3 92
幅員 (m) ? 3 5 ?
備考 撤去 撤去 供用中 供用中

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 位置は「ウォッ地図」(2012年3月3日閲覧)にて得た橋中心の座標である(参考値)。
  2. ^ JSCE 橋梁史年表:<稲核橋>」より(2012年3月3日閲覧)。