稲沢市立稲沢東小学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
稲沢市立稲沢東小学校
国公私立の別 公立学校
設置者 稲沢市
校訓 丈夫で精出せ 明るく 正しく
設立年月日 1873年
共学・別学 男女共学
学期 3学期制
所在地 492-8142
愛知県稲沢市長野6丁目50番地

北緯35度15分35.98秒 東経136度48分55.08秒 / 北緯35.2599944度 東経136.8153000度 / 35.2599944; 136.8153000座標: 北緯35度15分35.98秒 東経136度48分55.08秒 / 北緯35.2599944度 東経136.8153000度 / 35.2599944; 136.8153000
外部リンク 公式ウェブサイト(日本語)
プロジェクト:学校/小学校テンプレート
テンプレートを表示

稲沢市立稲沢東小学校(いなざわしりついなざわひがししょうがっこう)は、愛知県稲沢市長野6丁目50番地にある市立小学校である。愛称は稲東(いなとう)。

明治時代に開校した。JR東海道本線稲沢駅から北1kmに位置する。周辺は閑静な環境である。名古屋のベッドタウンとして、宅地が急増している地区もある。

校訓・校歌[編集]

校訓[編集]

  • 丈夫で精出せ/明るく/正しく
丈夫で精出せ
  • 心身ともにたくましい子
  • つらさに耐えて、ねばり強くやりとげる子
明るく
  • 心豊かで、思いやりのある子
  • 礼儀正しく、素直にあいさつできる子
正しく
  • 深く考え、自ら進んで学習できる子
  • きまりを守り、人と協力できる子

校歌[編集]

  • 作詞:加藤秀

沿革[編集]

  • 1873年(明治6年) - 下津村に不朽学校、長野村に明誼学校、於保村に小学研道学校が開校。
  • 1876年(明治9年) - 不朽学校が下津学校、明誼学校が長野学校、小学研道学校が於保学校に改称する。
  • 1877年(明治10年) - 赤池村が長野学校から離脱し、赤池学校が開校。
  • 1879年(明治12年) - 於保学校から小学川曲学校、長野学校から治郎丸学校が分離する。
  • 1887年(明治20年) - 学校の統廃合により、尋常小学稲沢学校、尋常小学下津学校、尋常小学日下部学校となる。
  • 1892年(明治25年) - 学校の統廃合により、一治尋常小学校(一治村)、下津尋常小学校(下津村)、山形尋常小学校(山形村)、国府宮尋常小学校(国府宮村)となる。
  • 1906年(明治39年)5月10日 - 中島郡稲沢町、一治村国府宮村山形村、下津村、中島村の一部、稲保村の一部、大江村の一部が合併し、稲沢町が発足。
  • 1907年(明治40年)1月1日 - 一治尋常小学校、下津尋常小学校、山形尋常小学校、国府宮尋常小学校が統合され、長野尋常小学校となる。
  • 1909年(明治42年)2月1日 - 稲沢東尋常小学校に改称する。
  • 1916年(大正5年)4月20日 - 高等科を設置し、稲沢東尋常高等小学校に改称する。
  • 1918年(大正7年)1月1日 - 高等科を廃止し、稲沢東尋常小学校に改称する。
  • 1941年(昭和16年)4月1日 - 稲沢東国民学校に改称する。
  • 1947年(昭和22年)4月1日 - 稲沢町立稲沢東小学校に改称する。
  • 1958年(昭和33年)
    • 11月1日 - 稲沢町が市制施行し稲沢市となる。同時に稲沢市立稲沢東小学校に改称する。
    • 11月8日 - 新校舎(鉄筋コンクリート造3階建)が完成する。
  • 1966年(昭和41年)2月25日 - 校舎(二号館・鉄筋コンクリート造3階建)が完成する。
  • 1967年(昭和42年)7月 - プールが完成する。
  • 1972年(昭和47年)4月1日 - 稲沢市立下津小学校を分離する。
  • 1975年(昭和50年)4月30日 - 屋内運動場が完成する。
  • 1977年(昭和52年)3月 - 校舎(三号館・鉄筋コンクリート造3階建)が完成する。
  • 1981年(昭和56年)4月1日 - 稲沢市立小正小学校を分離する。

最寄駅[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 新学制40周年記念誌 伸びゆく学校 (中島地方教育事務協議会・中島地方小中学校長会 新学制40周年記念誌伸びゆく学校編集委員会 1988年) P.60 - 61

関連項目[編集]