稲生町 (名古屋市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本 > 愛知県 > 名古屋市 > 西区 > 稲生町
稲生町
—  町丁  —
稲生町の位置(愛知県内)
稲生町
稲生町
稲生町の位置(名古屋市内)
稲生町
稲生町
稲生町の位置
座標: 北緯35度12分32.4秒 東経136度53分44.6秒 / 北緯35.209000度 東経136.895722度 / 35.209000; 136.895722
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Aichi Prefecture.svg 愛知県
市町村 Flag of Nagoya, Aichi.svg 名古屋市
西区
面積[WEB 1]
 - 計 0.27405247km2 (0.1mi2)
人口 (2019年(平成31年)2月1日現在)[WEB 2]
 - 計 3,248人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 451-0012[WEB 3]
市外局番 052 (名古屋MA)[WEB 4]
ナンバープレート 名古屋

稲生町(いのうちょう)は、愛知県名古屋市西区の地名。現行行政地名は稲生町字杁先と稲生町1丁目から稲生町7丁目[WEB 1]住居表示未実施[WEB 5]

地理[編集]

名古屋市西区東部に位置する[1]。東は桝形町、西は庄内通名塚町、南は江向町、北は北区福徳町に接する[1]。西から順に1丁目~7丁目があり、字杁先が北側に所在する。

河川[編集]

歴史[編集]

伊奴神社(2013年8月撮影)

町名の由来[編集]

西春日井郡稲生村の名に由来する。稲生の由来には数説ある。沼(いぬま)から転じた説、白鳳時代に当地において稲の栽培を始めた頃伊奴神社を氏神として勧請したため稲生と表記した説、伊奴の表記が犬に通じることを避けるため表記を稲生に改めた説である。[2]

沿革[編集]

世帯数と人口[編集]

2019年平成31年)2月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[WEB 2]

町丁 世帯数 人口
稲生町 1,369世帯 3,248人

人口の変遷[編集]

国勢調査による人口の推移

2000年(平成12年) 2,751人 [WEB 6]
2005年(平成17年) 2,480人 [WEB 7]
2010年(平成22年) 3,111人 [WEB 8]
2015年(平成27年) 3,320人 [WEB 9]

学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学校等は以下の通りとなる[WEB 10]。また、公立高等学校に通う場合の学区は以下の通りとなる[WEB 11]。なお、小・中学校は学校選択制度を導入しておらず、番毎で各学校に指定されている。

小学校 中学校 高等学校
名古屋市立稲生小学校 名古屋市立名塚中学校 尾張学区

交通[編集]

略地図
1
名古屋市営バス愛工前停留所ウのりば
2
名古屋市営バス稲生町停留所アのりば
3
名古屋市営バス稲生町停留所アのりば
4
福徳郵政宿舎
5
名古屋市営稲生荘
6
庄内橋自動車学校
7
稲生公園
8
安性寺
9
妙本寺
10
伊奴神社
11
天理教名古屋志賀布教所

バス[編集]

名古屋市営バス名古屋市交通局

道路[編集]

施設[編集]

その他[編集]

日本郵便[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

WEB[編集]

  1. ^ a b 愛知県名古屋市西区の町丁・字一覧” (日本語). 人口統計ラボ. 2017年10月7日閲覧。
  2. ^ a b 町・丁目(大字)別、年齢(10歳階級)別公簿人口(全市・区別)” (日本語). 名古屋市 (2019年2月20日). 2019年3月10日閲覧。
  3. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2019年3月10日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2019年1月6日閲覧。
  5. ^ 名古屋市役所市民経済局地域振興部住民課町名表示係 (2015年10月21日). “西区の町名一覧” (日本語). 名古屋市. 2017年10月7日閲覧。
  6. ^ 名古屋市役所総務局企画部統計課統計係 (2005年7月1日). “(刊行物)名古屋の町(大字)・丁目別人口 (平成12年国勢調査) 西区 (xls)” (日本語). 2017年10月8日閲覧。
  7. ^ 名古屋市役所総務局企画部統計課統計係 (2007年6月29日). “平成17年国勢調査 名古屋の町(大字)別・年齢別人口 西区 (xls)” (日本語). 2017年10月8日閲覧。
  8. ^ 名古屋市役所総務局企画部統計課統計係 (2012年6月29日). “平成22年国勢調査 名古屋の町(大字)別・年齢別人口 西区 (xls)” (日本語). 2017年10月8日閲覧。
  9. ^ 名古屋市役所総務局企画部統計課統計係 (2017年7月7日). “平成27年国勢調査 名古屋の町(大字)別・年齢別人口 (xls)” (日本語). 2017年10月8日閲覧。
  10. ^ 市立小・中学校の通学区域一覧”. 名古屋市 (2018年11月10日). 2019年1月14日閲覧。
  11. ^ 平成29年度以降の愛知県公立高等学校(全日制課程)入学者選抜における通学区域並びに群及びグループ分け案について”. 愛知県教育委員会 (2015年2月16日). 2019年1月14日閲覧。
  12. ^ 名古屋市交通局. “なごや地図ナビ 愛工前”. 2014年2月17日閲覧。
  13. ^ 名古屋市交通局. “なごや地図ナビ 稲生町”. 2014年2月17日閲覧。
  14. ^ 郵便番号簿 平成29年度版 - 日本郵便. 2019年03月10日閲覧 (PDF)

文献[編集]

参考文献[編集]

  • 角川日本地名大辞典 23 愛知県』 「角川日本地名大辞典」編纂委員会、角川書店、1989年3月8日(日本語)。ISBN 4-04-001230-5。
  • 名古屋市計画局 『なごやの町名』 名古屋市計画局、1992年3月31日(日本語)。全国書誌番号:93012879

関連項目[編集]