稲生真履

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

稲生 眞履(いのう まふみ[要出典]、三河国拳母(現・愛知県豊田市)出身、天保14年(1843年) - 大正14年(1925年2月1日)は、明治・大正時代の宮内省官僚。

宮内省官僚として奉職48年にあたる。また東京帝室博物館の学芸委員となり、特に刀剣を始めとする古美術に精通した。

森永製菓を創立した一人である稲生平八とは兄弟であり、三女季子は秋山真之の妻。

参考文献[編集]