稲田和浩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

稲田 和浩(いなだ かずひろ、1960年3月31日 - )は、日本の演芸作家落語評論家。日本脚本家連盟、社団法人日本放送作家協会所属。民族芸能を守る会相談役。作者部屋(歌舞伎作家のこと)同人。

来歴[編集]

東京都品川区出身。日本大学芸術学部演劇学科卒業。タウン誌記者、コピーライターなど、1986年頃より作家活動。大西信行門下。 演芸(落語、講談浪曲漫才)の台本邦楽長唄新内琵琶など)の作詞演劇脚本演出など。

2019年には、初となる時代小説を上梓している。

著書[編集]

  • 『食べる落語 いろはうまいもんづくし』教育評論社、2006
  • 『恋する落語 男と女のいろはづくし』教育評論社、2008
  • 『はたらく落語 江戸の商売いろはづくし』教育評論社、2009
  • 『落語が教えてくれる生活の知恵30』明治書院、2009 学びやぶっく
  • 『浪曲論』 彩流社、2013年。ISBN 978-4779119088
  • 『にっぽん芸能史』映人社、2014年。ISBN 4871002365
  • 『大人の落語評論』彩流社 2014年4月 ISBN 9784779170126
  • 『忠臣蔵はなぜ人気があるのか』彩流社 2014年9月 ISBN 9784779170188
  • 『怪談論』彩流社 2015年7月 ISBN 9784779170348
  • 『楽しい落語創作』彩流社 2015年11月 ISBN 9784779170430
  • 『<男>の落語評論 』彩流社 2016年8月 ISBN 9784779170713
  • 『落語に学ぶ大人の極意』平凡社新書 2016年10月 ISBN 9784779170713
  • 『ゼロから分かる! 図解落語入門』世界文化社 2018年3月 ISBN 9784418182114
  • 『水滸伝に学ぶ組織のオキテ』平凡社新書 2018年4月 ISBN 9784582858730
  • 『そんな夢をあともう少し 千住のおひろ花便り』祥伝社、2014年。ISBN 9784396344917

共編著[編集]

  • 『5人の落語家が語るザ・前座修業』守田梢路共著 日本放送出版協会、生活人新書 2010
  • 『落語長屋噺の処方箋』編 木下真之、小出美河子、佐藤友美、田谷悠紀 共著 アールズ出版、2010
  • 『落語の黄金時代』山本進、大友浩、中川桂共著 三省堂、2010
  • 『おやこで楽しむ講談入門』宝井琴星監修、稲田和浩、小泉浩明、宝井琴柑 著 彩流社 2018年