稲田祐介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
稲田 祐介 Football pictogram.svg
名前
ラテン文字 Yusuke INADA
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1977-08-02) 1977年8月2日(42歳)
出身地 兵庫県
身長 172cm
体重 67kg
選手情報
在籍チーム 闘魂
ポジション ピヴォ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
????-2001 Born’77
2001-2002 スエルテBANFF
2002-2007 CASCAVEL TOKYO
2007-2010 バルドラール浦安
2010-2011 ASVペスカドーラ町田
2011-2012 ビークスキムラ
2012-2013 ファイルフォックス府中
2013-2015 カフリンガ東久留米
2015- 闘魂
代表歴
東京都選抜
2004-2008  日本
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

稲田 祐介(いなだ ゆうすけ、1977年8月2日 - )は、兵庫県出身のフットサル選手。ポジションはピヴォ

経歴[編集]

サッカー選手としてはルネス学園金沢サッカークラブやトヨタ蹴球団でプレーし、1997年には第52回国民体育大会(なみはや国体)に出場した。

地域リーグ時代[編集]

2001年の第6回全日本フットサル選手権大会では、1977年生まれの選手を中心に構成されたBorn’77(東海地区・愛知県)の一員として出場し、同学年の金山友紀や三輪修也らとともにプレーして3位となった[1]。2002年にはスエルテBANFF(東海地区)の一員として第7回全日本選手権に出場し、同年にCASCAVEL TOKYO(現ASVペスカドーラ町田)に移籍。2007年3月のFUTSAL地域チャンピオンズリーグを最後に現役引退する予定だったが、2007年夏のFリーグ開幕に合わせてバルドラール浦安フットボールサラに移籍した。

Fリーグ[編集]

Fリーグ初年度の2007-08シーズンは20試合に出場して17得点し、バルドラール浦安は名古屋オーシャンズに次ぐ2位となった。2008年の全日本選手権では優勝し、得点王と最優秀選手にも選ばれた。2008年9月には大会前に負傷した高橋健介に代わってブラジルワールドカップに招集された。2008-09シーズンにはFリーグ得点王とベスト5をダブル受賞[2]。このシーズンのバルドラール浦安からは優勝した名古屋オーシャンズを差し置いて3人(稲田、川原永光小宮山友祐)がベスト5に選出された[2]。2010年4月にバルドラール浦安を退団し[3]、古巣の町田に入団。

キャリア晩年[編集]

2011年5月には北信越フットサルリーグのビークスキムラフットサルクラブ(現:ヴィンセドール白山)に移籍[4]。2012年には関東フットサルリーグファイルフォックス府中に加入。2012年シーズン第2節のカフリンガ東久留米戦でデビューし、いきなりパワープレー時のゴレイロ役という難題をこなした[5]

2013年5月には関東リーグのカフリンガ東久留米に移籍。2015年には東京都オープンリーグ(東京都4部)の闘魂に移籍。闘魂は「フットサル界のセルジオ越後」こと難波田治(ファイルフォックスで4度全日本選手権優勝、元日本代表)が立ちあげたクラブであり、元Fリーガーや元ファイルフォックスの選手が数多く在籍している[6]

所属クラブ[編集]

選手[編集]

サッカー
フットサル

指導者[編集]

  • CASCAVELバイラリーナス
  • ビークスキムラフットサルクラブ
  • バルドラール浦安スクールコーチ
  • カフリンガBOYSコーチ
  • La-puerta-junto ladies監督
  • Revolution監督
  • フレンドリーフットサルクラブ監督

タイトル[編集]

代表歴[編集]

2004・2008 AFCフットサル選手権出場、2008 FIFAフットサルワールドカップ出場

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 オーシャン杯 全日本選手権 期間通算
2007-08 浦安 20 Fリーグ 20  17
2008-09 21  21
2009-10 27  15
2010-11 町田 20  16  9
2011 ビークス   北信越  
2012 FIRE FOX   関東  
2013 東久留米    
2014    
2015 闘魂   東京都4部  
通算 日本 Fリーグ
日本
総通算

脚注[編集]