稲畑廣太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

稲畑 廣太郎(いなはた こうたろう、1957年5月20日[1] - )は、俳人稲畑汀子の息子で、高濱虚子の曾孫にあたる人物。

略歴[編集]

兵庫県芦屋市生まれ。1982年甲南大学経済学部を卒業。幼少時より母汀子について俳句に親しんでいたが、大学卒業後、合資会社ホトトギス社入社により本格的に俳句を志す。1988年ホトトギス」同人、同誌編集長。2000年虚子記念文学館理事、2001年日本伝統俳句協会常務理事。2005年「ホトトギス」雑詠選者及び副主宰。2013年10月、汀子より引継ぎ「ホトトギス」主宰に就任。クラシック音楽の愛好家で俳句にも音楽を詠み込んだ句がある。句集に『玉箒』『半分』『八文の六』、著書に『曽祖父虚子の一句』。

2017年、『玉箒』で第2回加藤郁乎記念賞を受賞。

著書[編集]

  • 『廣太郎句集』(花神俊英叢書)花神社 2001
  • 『半分 句集』日本伝統俳句作家叢書 朝日新聞社 2002
  • 『曽祖父虚子の一句』俳句入門シリーズ ふらんす堂 2002
  • 『八分の六 句集』(角川21世紀俳句叢書)角川書店 2009
  • 『玉箒 稲畑廣太郎句集』ふらんす堂 2016

編著[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.443

参考文献[編集]

  • 稲畑汀子 編 『ホトトギスの俳人101』 新書館、2010年、204-205頁