稲石三二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

稲石 三二(いないし みつじ、1930年2月10日 - 2008年4月8日)は、日本の体育科教員ハンドボール指導者。

愛知県豊橋市に生まれ、日本体育専門学校(現日本体育大学)を卒業。1950年から名古屋市立桜台高等学校教諭および同校ハンドボール部監督を務め、全国高等学校総合体育大会ハンドボール競技大会(インターハイ)に5連覇を含む9回優勝、国民体育大会で3連覇2度を含む9回優勝[1]など、数多くの実績を残し選手を育てた[2][3]

高校教諭退職後、名古屋文理短期大学名古屋文理大学の教員として体育学の研究[4][5]およびハンドボール部指導[6]を行った。

現在にいたるまで、愛知県がハンドボール王国と言われるほどハンドボールが盛んな理由は、稲石による普及活動に加え、稲石の教え子たちが後に高校教諭等になってハンドボール指導にあたったためである[7][8]

テレビ番組での紹介[編集]

名古屋テレビ放送(メ〜テレ)の番組『名古屋ほじくりバラエティ「ザキロバケイコ」』2015年6月27日放送(東海地方ローカル)の「東海3県のデータをほじくろう」のコーナーにて、稲石の功績を紹介するクイズが出題された。解説VTRでは、現在の桜台高校ハンドボール部の様子に加えて、稲石の若き日と後年の写真を交えて稲石ハンドボール指導の影響が紹介された。

脚注[編集]

  1. ^ 全国制覇18回(インターハイ9回・国体9回)という輝かしい業績を残された名監督稲石三二先生(現・名古屋文理大監督 - OB登場!!淺野克彦さん、「ハンドボール」第409号、8-9頁、(財)日本ハンドボール協会編(2000.7)
  2. ^ 妥協排し“陽の当たる道”指導手腕に定評の稲石三二氏、スポーツイベント・ハンドボール第 8 号、1978年2月10日発行
  3. ^ 歴史 - 名古屋市立桜台高等学校ハンドボール部
  4. ^ 稲石三二:膝傷害の実態と予防、「月刊スポーツイベント」18(7)、74-75頁(1996)
  5. ^ 国友宏渉, 稲石三二:市町村のスポーツ振興に関する一考察、「名古屋文理短期大学紀要」18, 115-123頁,(1993)
  6. ^ ハンドボール部を東海一部リーグに定着させた稲石三二助教授,「しとねる教育 名古屋文理大学60年の軌跡」(学校法人滝川学園、2016年11月刊),p.200,写真。
  7. ^ どちらかといえば,ハンドボールはややマイナーなスポーツではあるが、実は全国でも愛知県が最も盛ん。ハンドボール王国愛知とも言われている。その基礎を築いたのは、名古屋市立桜台高校教諭の故稲石三二さん。―横井利明オフィシャルブログ「オアシス21でハンドボール大会??コアラカップ大会」(2009.3.28)
  8. ^ 6月27日の放送  -メ〜テレ『名古屋ほじくりバラエティ「ザキロバケイコ」