稲置街道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

稲置街道(いなぎかいどう)は、江戸時代名古屋城下と犬山城下を結んだ脇往還街道)。「犬山街道」とも呼ばれる。

概要[編集]

名古屋から楽田追分までは上街道とルートが重複している。犬山城下を過ぎてからは木曽川を渡って中山道鵜沼宿(現在の岐阜県各務原市)にまで街道が至っている。犬山城から楽田追分まで道を開いて上街道に接続させた事がこの街道の始まりである事から、楽田追分-鵜沼宿を稲置街道とする説もある。

名称の由来[編集]

「稲置」とは、当時街道沿いにあったの名称(「稲置村」、現犬山市)から付けられた。

宿場・追分[編集]

味鋺の湿地帯を避けるために、勝川で下街道と分岐する別ルートがある。
  • 稲置街道始点:名古屋城東大手門(愛知県名古屋市東区)
1.宿場小牧宿(愛知県小牧市
追分:楽田(愛知県犬山市上街道と分岐
2.宿場犬山宿(愛知県犬山市)