稲葉三右衛門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

稲葉 三右衛門(いなば さんえもん、天保8年(1837年9月21日 - 大正3年(1914年6月)は、現在の三重県四日市市の築港者。四日市港を近代港湾にした功労者。明治時代の四日市の近代化に貢献した公共事業家。[1][2]

経歴[編集]

  • 幼名は九十郎で後に利孝改名した。美濃国高須藩の旧家吉田詠再の六男として出生した。天領の四日市町に奉公した。中納屋町の廻船問屋であった稲葉家の養子となる。
  • 六代目稲葉三右衛門を襲名して元治元年(1864年)稲葉家の娘たかの婿養子として縁組した。年下のたかとは当時として珍しく恋愛結婚で、少女のころから兄と妹のような関係だった。
  • 明治時代となり近代化された後・明治政府太政官制度の会計局御用係と四日市町の戸長と船改上取締役など行政職に任命された。
  • 伊勢国三重県)四日市町で廻船問屋を経営していた。1873年(明治6年)〜1884年(明治17年)にかけて四日市港(旧港)の修築に着手して、(稲葉町・高砂町)の埋め立て工事をしたが港湾の埋め立て工事は資金面や反対の声で困難となりたびたび工事が中断した。三右衛門の私財を投資して1884年(明治17年)に完成した。四日市市近代化を推進して、四日市繁栄の基礎を築いた。

四日市築港[編集]

  • 幕末安政の大地震など二度に渡る大地震で堤防が決壊した。その結果、水深が浅くなった事とで小舟も出られない砂浜状態になり四日市は港町として港湾機能を失った。四日市発展の郷土愛から危機感をもち稲葉三右衛門は築港を決意する。三重県の許可を得たが四日市の町人は反対して協力せず、また当時は人力工事で資金不足となり三重県は工事を中断させた。三右衛門は内務大臣への直談判と自身の資金調達で現在の四日市港の前身の四日市旧港が完成した。旧港は稲葉家の名前からとった稲葉町と高砂町(妻たかの名からとったという見方もある)から成り立った。堤防石垣は明治政府の政策で旧幕府賊軍となった桑名藩桑名城を破壊するため桑名城の石が堤防に使用された。四日市港建設の際に、桑名城石垣の一部を転用して外洋との防波堤が建造されたものである。この堤防は通称「潮吹き堤防」と呼ばれ、高砂町・稲葉町の旧港の堤防上に空いた穴より波の威力を半減するという珍しい構造から国の重要文化財に指定されている。しかし、その一方で歴史的建造物の桑名城を破壊し富国強兵殖産興業政策を推し進めた明治政府の行った悪政とみる見方もある。三重県江戸時代幕藩体制津市と並ぶ中心都市であった桑名より、天領であった新しい都市の四日市を明治政府は重要視して、桑名は明治時代以後の近代に衰退・変わって四日市市が港町として発展した。築港に尽力した功績により明治政府より藍綬褒章を明治21年(1888年)に受賞した。四日市港は明治17年(1884年5月に12年かけて旧港修築を完了した。明治22年(1889年)7月に特別輸出港に指定されて、明治30年(1897年8月には開港貿易港指定された。明治32年(1899年8月に正式に外国貿易の開港場になった。死後の昭和3年(1928年8月に昌栄橋北側に先考稲葉三右衛門候徳寿像が建設されて除幕された。(この銅像は太平洋戦争で供出された。)

郷土史の人物[編集]

三岐鉄道建設[編集]

参考文献[編集]

  • のびゆく四日市
  • 四日市市制111周年記念出版本「四日市の礎111人のドラマとその横顔」

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ http://kotobank.jp/word/%E7%A8%B2%E8%91%89%E4%B8%89%E5%8F%B3%E8%A1%9B%E9%96%80
  2. ^ コトバンク
  3. ^ 志水雅明『発掘 街道の文学 四日市・楠編』 伊勢新聞社2002年(平成14年)出版。ISBN 978-4900457843
  4. ^ 西羽晃「連載 桑高百周年シリーズ13/宮地雄吉と高橋俊人」『まちのかわらばんIT』8号(2008年9月号)[1]