稲葉景通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
 
稲葉景通
Inaba Kagemichi.jpg
稲葉景通像(臼杵市・月桂寺所蔵)
時代 江戸時代前期
生誕 寛永16年4月25日1639年5月27日
死没 元禄7年閏5月20日1694年7月12日
改名 虎助、景通
戒名 本光院殿一空宗真大居士
墓所 大分県臼杵市の月桂寺
官位 従五位下右京亮
幕府 江戸幕府
主君 徳川家綱綱吉
豊後臼杵藩
氏族 稲葉氏
父母 稲葉信通織田信良次女光浄院
兄弟 景通知通、通行、花山院定誠室、
織田信久正室ら
有馬忠頼娘長
テンプレートを表示

稲葉 景通(いなば かげみち)は、豊後国臼杵藩5代藩主。

略歴[編集]

寛文13年(1673年)、父の死去により跡を継ぐ。民政に尽力して善政を施し、城の整備や海岸整備、港町整備や新町の開発などを行なって藩の確立を期した。さらに人事制度においても、地方知行制を廃止して寺社奉行、小姓頭、勘定頭などを設置し、藩政の刷新を図った。元禄7年(1694年)閏5月20日、56歳で死去し、跡を弟の知通が継いだ。

臼杵藩中興の名君と言われている。

系譜[編集]


本能寺の変明智光秀織田信長を襲撃し、自害に追い込んだことで著名であるが、景通はその両方を高祖父に持つ[1] [2]

脚注[編集]

  1. ^ 光秀-ガラシャ細川忠興室)-多羅(稲葉一通室)-信通-景通
  2. ^ 信長-信雄-信良-次女(信通室)-景通