稲葉正任

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

稲葉 正任(いなば まさとう、正徳4年(1714年) - 享保15年1月12日1730年2月28日))は、山城国淀藩の第2代藩主。正成系稲葉家宗家6代。

初代藩主・稲葉正知の三男。官位は従五位下。美濃守。

兄の正貞が病弱だったため、享保10年(1725年)8月26日に世子に選ばれた。享保14年(1729年)、父の死去により跡を継いだが、翌年正月12日に17歳で死去した。跡を父の従弟にあたる旗本稲葉正恒が継いだ。法号は端信院。墓所は東京都文京区湯島の麟祥院。