稲葉正誼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

稲葉 正誼(いなば まさよし、文政10年3月2日1827年3月28日) - 嘉永元年10月22日1848年11月17日))は、山城淀藩の第11代藩主。正成系稲葉家宗家15代。

越後国高田藩榊原政令の七男。官位は従五位下。丹後守。幼名は栄之進。

天保12年(1841年)9月27日、稲葉正守の養子となる。天保13年6月18日、将軍徳川家慶に拝謁する。同年7月20日、養父正守の隠居により、家督を継いだ。同年10月29日、従五位下丹後守に叙任する。嘉永元年(1848年)10月22日、22歳で死去し、養嗣子の正邦が跡を継いだ。