稲葉泰通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
稲葉 泰通
Inaba Yasumichi.jpg
稲葉泰通像(臼杵市・月桂寺所蔵)
時代 江戸時代中期
生誕 享保15年7月15日1730年8月28日
死没 明和5年7月2日1768年8月13日
改名 万治郎、治通、泰通
戒名 本源院殿一水宗滴大居士
墓所 東京都港区高輪東禅寺
官位 従五位下、能登守、右京亮
幕府 江戸幕府
主君 徳川将軍家
豊後国臼杵藩 第9代藩主
氏族 稲葉氏
父母 父:稲葉菫通、母:河合氏
兄弟 泰通市橋長璉、通房、一柳末栄正室
正室:清操院牧野貞通の娘)
弘通(長男)、副通(次男)

稲葉 泰通(いなば やすみち)は、豊後国臼杵藩の第9代藩主。

元文2年(1737年)、父稲葉菫通の死去により跡を継ぐ。翌年には藩内の領民の多くが逃散し、寛保寛延年間には大火と風雨による災害が相次いで藩内は大被害を受け、その復興のために出費が莫大なものとなった。さらに幕命による手伝い普請も相次いで、藩財政は窮乏化の一途をたどった。このような中で明和5年(1768年)7月2日、39歳で死去した。跡を次男で正室清操院の子の副通が継いだが、1年足らずで夭逝したため、副通でなく庶長子の弘通が継いだことにして将軍御目見をした。