稲葉美和子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

稲葉 美和子(いなば みわこ、1956年 - )は、日本オペラソプラノ歌手

略歴・人物[編集]

長野県松本市出身。1974年(昭和49年) 長野県松本県ヶ丘高等学校卒業[1]。1978年(昭和53年) 国立音楽大学声楽科卒業[2]二期会オペラスタジオ終了[3]

オペラ魔笛」の「パパゲーナ」役でデビュー。室内楽と共演の他、 ミサ曲ベートーヴェン第九ソリストとして出演。日・独・仏歌曲から童謡・オペラアリアまで幅広いレパートリーからプログラムされたリサイタルは10回を超えた[3]。2005年12月、サンフランシスコDiablo Valley Collegeにて行われたリサイタルでは、その美しく柔らかな歌声と確かな音楽性を高く評価された[3]

現在、二期会ドイツ歌曲研究会・フランス歌曲研究会に所属。伊藤京子[要曖昧さ回避]伊藤亘行村田健司、高折続、後藤寿子、飯山恵巳子の各氏に師事[3]

二期会会員[4]。日本演奏連盟会員。

受賞歴[編集]

  • 第6回長江杯国際音楽コンクール 声楽部門第1位[3]
  • 第3回フランス音楽コンクール優秀賞受賞[3]

CD[編集]

  • 『遠き想い』稲葉美和子 日本叙情歌曲集(MusicaFelice)[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]