稲葉馨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

稲葉 馨(いなば かおる、1952年4月26日[1] - )は、日本法学者。専門は行政法東北大学名誉教授静岡県伊東市出身。

経歴[編集]

略歴は以下のとおり[2]

  • 1975年03月 - 東北大学法学部卒業
  • 1977年03月 - 東北大学大学院法学研究科修士課程修了
  • 1977年04月 - 東北大学法学部助手
  • 1981年04月 - 熊本大学法学部専任講師
  • 1983年07月 - 熊本大学法学部助教授
  • 1992年10月 - 法政大学法学部教授
  • 1998年02月 - 博士(法学)(東北大学)(学位論文「行政組織の法理論」)
  • 2000年04月 - 東北大学大学院法学研究科教授
  • 2004年04月 - 東北大学大学院法学研究科総合法制専攻教授
  • 2006年11月 - 東北大学大学院法学研究科長・法学部長(2009年3月まで)
  • 2018年03月 - 東北大学定年退職[3]
  • 2018年04月 - 東北大学名誉教授

著作[編集]

単著[編集]

  • 『行政組織の法理論』(弘文堂,1994年)

共著[編集]

  • 人見剛村上裕章・前田雅子)『行政法』(有斐閣LEGAL QUESTシリーズ,初版・2007年、第2版・2010年、第3版・2015年、第4版・2018年)

共編[編集]

  • 辻村みよ子)『日本の男女共同参画政策―国と地方公共団体の現状と課題』(東北大学出版会,2005年)
  • 高木光)『ケースブック行政法』(弘文堂,第3版・2007年、第4版・2010年)
  • 亘理格)『行政法の思考様式―藤田宙靖博士東北大学退職記念』(青林書院,2008年)
  • (下井康史・中原茂樹・野呂充)『ケースブック行政法』(弘文堂,第5版・2014年、第6版・2018年)

脚注[編集]

  1. ^ 東北大学大学院法学研究科長候補者の選出について 東北大学総務部広報課
  2. ^ 稲葉 馨 東北大学法科大学院 教員紹介(専任教員)
  3. ^ 最終講義について 東北大学大学院法学研究科・法学部