稲賀敬二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

稲賀 敬二(いなが けいじ、昭和3年(1928年3月20日 - 平成13年(2001年4月11日)は、日本の国文学者広島大学名誉教授。平安文学専攻。美術史家稲賀繁美の父。

経歴[編集]

  • 旅順市に生まれる。本籍地鳥取県境港市
  • 昭和25年(1950年)、東京大学文学部文学科卒業。
  • 昭和29年(1954年)、東京大学大学院特別研究生(国語国文学専攻)退学。
  • 昭和31年(1956年)、立教大学一般教育部講師。広島大学文学部講師。
  • 昭和35年(1960年)、文部省在外研究員(米合衆国ミシガン大学)。
  • 昭和36年(1961年)、広島大学文学部助教授。
  • 昭和39年(1964年)、広島大学大学院文学研究科博士課程担当。
  • 昭和45年(1970年)、広島大学文学部教授。
  • 昭和55年(1980年)、広島大学大学教育研究センター長。
  • 昭和61年(1986年)、広島大学消費生活協同組合常務理事。
  • 昭和62年(1987年)、広島大学評議員。
  • 昭和63年(1988年)、広島大学文学部長、大学院文学研究科長。
  • 平成2年(1990年)、放送大学客員教授、広島ビデオ学習センター準備室長。広島大学名誉教授。放送大学広島ビデオ学習センター長。
  • 平成5年(1993年)、安田女子大学文学部教授。
  • 平成6年(1994年)、安田女子大学学長補佐。安田女子大学大学院文学研究科日本語学文学専攻長。安田女子大学言語文化研究所長。
  • 平成13年(2001年)、安田女子大学退職。4月11日、広島市西区の自宅で死去。享年73。

東京大学在学中は池田亀鑑のもと『源氏物語大成』(全9巻)『源氏物語事典』(全2巻)などの編集に従事した。没後単行本未収録の論文を集めた『稲賀敬二コレクション』全6巻が笠間書院から刊行された。

著書[編集]

  • 源氏物語の研究 成立と伝流 笠間書院, 1967
  • 紫式部 源氏の作者 新典社, 1982
  • 文学誕生 日本的教養の研究 奈良・平安篇 PHP研究所, 1983
  • 源氏物語の研究 物語流通機構論 笠間書院, 1993
  • 日本文学における作家と作品 放送大学教育振興会, 1993
  • 中務 三十六歌仙の女性 新典社, 1999
  • 源氏物語註釈史と享受史の世界 新典社, 2002
  • 明日何方ぞ迷い猫 稲賀敬二遺文集 稲賀久美子, 2003
  • けさや昔の夢のおもかげ 稲賀敬二回想集 稲賀久美子, 2003
  • 物語流通機構論の構想 笠間書院, 2007 (稲賀敬二コレクション 1)

共編著[編集]

  • 大学への国文解釈 研文社出版, 1956
  • 中世源氏物語梗概書 広島中世文芸研究会, 1965
  • 枕草子入門 有斐閣新書, 1980
  • 枕草子・大鏡 今井源衛共著 尚学図書, 1980 (鑑賞日本の古典)
  • 源氏物語の内と外 風間書房, 1987
  • 中古文学の形成と展開 増田欣共編 和泉書院, 1995
  • 論考平安王朝の文学 一条朝の前と後 新典社, 1998

校注・訳[編集]

関連項目[編集]