出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

(こく)とは、成熟した穀物のうち、から外してがついたままの状態を指す。通常ではから取った稲穀(とうこく)のことを指すが、から取った粟穀など他の穀物から取ったものも同様に呼ばれる。

また、中国北魏賈思勰が著した農書斉民要術』においては、穀は五穀の総称であるとしている。だが、一方で「穀」という字が稷(=粟)を指すというのは正しくないが、世間(北魏統治下の華北)では主食である粟(稷)のことを穀と称しているとも記している[1][2]

古代においては、の部分の場所を取らず、精米したものよりも保存がきくことから、倉庫に納められる穀物は穀の形態であることが多かった。

脚注[編集]

  1. ^ 「穀、稷也、名粟。穀者、五穀之總名、非指謂粟也。然今人專以稷爲穀、望俗名之耳」(巻1「種穀」第3:原注)
  2. ^ 古賀登『両税法成立史の研究』雄山閣、2012年、P235・523