穂科エミ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
穂科 エミ
プロフィール
誕生日 11月14日
出身地 日本の旗 日本東京都江戸川区
血液型 A型
主な作品
テレビドラマほんとにあった怖い話2012』
ほんとにあった怖い話 夏の特別編2013』
悪霊病棟
ほんとにあった怖い話15周年スペシャル』
オトナ女子
ほんとにあった怖い話 夏の特別編2016』など

穂科 エミ(ほしな えみ)は、日本脚本家劇作家演出家、ライターである。東京都江戸川区出身。劇団はぶ談戯主宰。ジャパンクリエイティブマネージメント所属。愛称は、ホシナ、親方、ゴル。

来歴・人物[編集]

1998年、専門学校での企画公演のために「レボ100%」を旗揚げ。翌年、専門学校を自主退学した後、本格的に演劇活動を行うため、「レボ100%」を正式に劇団化。 2000年公演『源八橋西詰』(作・後藤ひろひと)より、劇団名を「はぶ談戯」に改名。以後、すべての作品の作・演出を担当。2008年まで、役者・FMパーソナリティ・ナレーターとしても活動していた。

2005年頃より、喉の不調を訴える。2010年に難治性の「けいれん性発声障害」と診断される。発声のコントロールができないため、役者、ナレーター活動を休業。以後は、作家に専念している。また、この病の患者会であるS.D.C.P[1]と共に、認知活動を行っている。

2016年1月から、女優・川田早矢加とともに、ツイキャス番組「ホシナとサヤカはどっちもどっち」を週一回放送。

脚本の特徴[編集]

『ダメな人間しか出てこない』芝居を書くのが得意。泥臭く古臭い昭和の世界をこよなく愛しつつ、現代に生きる人間の諸相を描いている。

備考[編集]

酒豪で、ブランデーを3本空けて普通だった時は、本人も「自分には肝臓が二つあるんじゃないか」と語った。[2]

動物の中で、猫がなにより好きと公言しているが、重度の猫アレルギーのため飼う事ができないと嘆いている。[3]

自らが主催するトークライブ等において『だめんず・うぉ〜か〜』ならぬ『だめんずメーカー』を自称している[4]

飛行機に乗れない体質[5]

主な作品[編集]

舞台 [6][編集]

劇団はぶ談戯上演作品
  • 「U.G.W」(1999)作・演出・出演
  • 「源八橋西詰」(2000)演出のみ
  • 「ゲリラライブ〜すいません相手してください」(2000)作・演出・出演
  • 「無くしてしまった詩」(2001)
  • 一日限定公演(2002)作・演出・出演
  • 「東京下町春美荘〜やっぱり地球は青かった?〜」(2003)
  • 「わたゆき」(2004)
  • 「逢魔ヶ刻」(2004)
  • 「ヒキガネ」(2005)
  • 「スジン」(2005)
  • 「せいし」(2006)
  • 「盗人メヌエット」(2006)
  • 「ナナシのハナシ」(2007)
  • 「うめたい 〜ダメ、時々アイシテル」(2007)
  • 「ヒキガネ2008」(2008)
  • 「時泥棒 〜昭和歌謡短編集〜」(2011) 作・演出
  • 「せいし」(2012) 作・演出
  • 「みせられて」(2012) 作・演出
  • 「かしましく〜うめられたい女、女、女」(2013) 作・演出
  • 「うめたい〜ダメ、時々アイシテル 2013ver.〜」(2013) 作・演出
  • 「下衆な回遊魚」(2014) 作・演出
  • 「ヒミツボ -秘壺- 〜昭和歌謡短編集 其の二〜」(2015) 作・演出
  • 「刺毛ーシモウー」(2016) 作・演出
  • 「あ・らかると」(2017) 作・演出
    • 春のアラカルト(4月)
    • ゴールデンアラカルト(5月)
    • 梅雨のアラカルト(6月)
    • 初夏のアラカルト(7月)
    • 真夏のアラカルト(8月)
  • 「やわらかい扉」(2017) 作・演出・出演
その他の作品
  • アルミムニ「天国で僕と握手」(2002)演出・出演
  • コトリコ「ことり学園、危機一髪!」(2007)脚本提供
  • 喜多方発21世紀シアター「おむすびころりん」(2007)作・演出
  • 空猫たふたふ「カラフルな猫」(2009・2011)作・演出
  • エビス駅前バープロデュース「間~あわい~」(2012)脚本提供

テレビ[編集]

  • ほんとにあった怖い話2012(2012 フジテレビ)「右肩の女」(出演・岡田将生)[7]
  • ほんとにあった怖い話 夏の特別編2013(2013 フジテレビ)「Xホスピタル」※共同脚本 、「蠢く人形」(出演・指原莉乃)[8]
  • 悪霊病棟(2013 TBS)第5話※脚本協力
  • ほんとにあった怖い話15周年スペシャル「犯人は誰だ」(出演・草彅剛)※共同脚本[9]
  • オトナ女子(2015 フジテレビ)第1~3話,8~10話※脚本協力[10]
  • ほんとにあった怖い話 夏の特別編2016(2016 フジテレビ)「悪夢の絵馬」(出演・バカリズム)[11]
  • ほんとにあった怖い話 夏の特別編2017(2017 フジテレビ)「影女」(出演・杉咲花)[12]

ラジオ[編集]

  • 「穂科エミのこれはどうだ!」(かわさきFM)パーソナリティ
  • ラジオトラマ「喫茶止まり木へようこそ」(かわさきFM) 作・構成
  • 「はぶられたっていいじゃない」 (喜多方シティエフエム) パーソナリティ・企画構成
  • 青山2丁目劇場(文化放送)ラジオドラマ「おばあちゃんのタイムカプセル」(2011)脚本
  • 青山2丁目劇場(文化放送)ラジオドラマ「ウイスキーの音」(2013)脚本

インターネット動画[編集]

ゲーム[編集]

  • 恋愛アプリメント(2011)
  • ているずおぶ劇場(2011)
  • 赤ずきんと迷いの森(2016)

著書[編集]

  • ほんとにあった怖いはなし①②③(2014 朝日新聞出版)※共同執筆

ライター[編集]

  • Gow!Magazine(コラム)(2012)
  • ラブリサーチ [コラム] (2015)

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ SDCP発声障害患者会、2014年8月21日閲覧
  2. ^ 劇団はぶ談戯公式サイト「はぶうぇぶ・団員紹介」、2014年8月21日閲覧
  3. ^ 公式ブログ 穂科エミの「ふぅ〜」、2014年8月20日閲覧。
  4. ^ トークライブ「東男と狂女」、2014年8月20日閲覧
  5. ^ 公式ブログ 穂科エミの「ふぅ~」、2014年8月21日閲覧
  6. ^ 所属クリエータープロフィール 穂科エミ 作品歴 株式会社ジャパンクリエイティブマネージメント、2016年10月3日閲覧
  7. ^ 「ほんとにあった怖い話 バックナンバー 夏の特別編2012」、2016年10月3日閲覧
  8. ^ 「ほんとにあった怖い話 バックナンバー 夏の特別編2013」、2016年10月3日閲覧
  9. ^ 「ほんとにあった怖い話 バックナンバー 15周年スペシャル」 、2016年10月3日閲覧
  10. ^ 「オトナ女子」 フジテレビ『オトナ女子』公式サイト2015年11月18日閲覧
  11. ^ 夏の特別編2016」、2017年1月16日閲覧
  12. ^ 「ほんとにあった怖い話 夏の特別編2017 予告」、2017年1月16日閲覧
  13. ^ YouTube 「計画晩婚 #1 」、2016年10月3日閲覧