穂稀せり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

穂稀 せり(ほまれ せり 、12月12日 - )は、宝塚歌劇団宙組に所属する男役

東京都品川区出身。日本音楽高等学校出身。公称身長167cm。愛称はさやどんどん[1]

略歴[編集]

主な舞台[編集]

初舞台公演・組廻り[編集]

  • 2012年4月 - 5月、『華やかなりし日々/クライマックス-Cry‐Max-』

宙組配属後[編集]

  • 2013年7月 - 8月、『the WILD Meets the WILD -W.M.W.- 』(バウホール)サミュエル
  • 2013年9月 - 12月、『風と共に去りぬ』新人公演:ピーター(本役:松風輝
  • 2014年2月、『ロバート・キャパ 魂の記録/シトラスの風II』(中日劇場)質屋の店主
  • 2014年5月 - 7月、『ベルサイユのばら -オスカル編-』新人公演:ダグー大佐(本役:凛城きら
  • 2014年7月 - 8月、『ベルサイユのばら -フェルゼンとマリー・アントワネット編-』(全国ツアー)デュガゾン
  • 2014年11月 - 2015年2月、『白夜の誓い -グスタフIII世、誇り高き王の戦い-/PHOENIX 宝塚!! ―蘇る愛―』エリク、新人公演:ブラント(本役:天玲美音
  • 2015年3月 - 4月、『TOP HAT』(梅田芸術劇場、赤坂ACTシアター)御者
  • 2015年6月 - 8月、『王家に捧ぐ歌』新人公演:アモナスロ(本役:一樹千尋
  • 2015年10月、『相続人の肖像』(バウホール)クーパー
  • 2016年1月 - 3月、『Shakespeare ~空に満つるは、尽きせぬ言の葉~/HOT EYES!!』新人公演:ジェームズ・バーベッジ(本役:風馬翔
  • 2016年7月 - 10月、『エリザベート -愛と死の輪舞-』新人公演:マックス(本役:悠真倫
  • 2016年11月 - 12月、『双頭の鷲』(バウホール・KAAT神奈川芸術劇場)トニー
  • 2016年2月 - 4月、『王妃の館-Château de la Reine-/VIVA!FESTA!』新人公演:岩波(本役:一樹千尋
  • 2017年8月 - 11月、『神々の土地~ロマノフたちの黄昏~/クラシカル ビジュー』コーリャ、新人公演:ガリツキー将軍(新人公演:星月梨旺
  • 2018年1月、『WEST SIDE STORY』(東京国際フォーラム)グラッドハンド
  • 2018年3月 - 6月、『天は赤い河のほとり/シトラスの風-Sunrise-』新人公演:キックリ(本役:凛城きら
  • 2018年8月、『ハッスル メイツ!』(バウホール)
  • 2018年10月 - 12月、『白鷺の城/異人たちのルネサンス』新人公演:フランチェスコ・パッツィ(本役:凛城きら)
  • 2019年2月 - 3月、『群盗-Die Räuber-』(シアタードラマシティ・日本青年館)シュヴァイツァー

脚注[編集]

  1. ^ 『宝塚おとめ』 株式会社阪急コミュニケーションズ、2014年4月17日、2014年度版、154頁。ISBN 978-4-484-14522-8。