穂積家 (伊予国)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
穂積家
No image available.svg
抱き稲
本姓 穂積朝臣鈴木氏流
家祖 穂積重樹
種別 華族男爵
出身地 伊予国宇和島藩
主な根拠地 愛媛県
東京都
著名な人物 穂積陳重
凡例 / Category:日本の氏族

穂積家(ほづみけ)は、日本華族男爵)、学者家系饒速日命(ニギハヤヒ)の子孫・穂積氏の流れを汲み、宇和島藩士鈴木重麿の子・重樹が明治維新後に穂積姓に復したことに始まる。極位正三位


概要[編集]

穂積家は宇和島藩伊達家仙台藩伊達家より分家する以前からの、伊達家譜代の家臣である。饒速日命(ニギハヤヒ)を祖に持つと言われる。鈴木重麿は宇和島藩に思想としての国学を導入した人物である。明治維新後、重麿の子である重樹は穂積姓に復し、父の学問を継ぎ、藩校に国学の教科が設けられるとその教授となり、また国学の私塾も営んだ。

穂積重樹の長男・穂積重頴は第一国立銀行頭取。次男の穂積陳重は日本初の法学博士の一人で東京帝国大学法学部長。貴族院議員(勅選)、男爵枢密院議長、勲一等旭日桐花大綬章。三男の穂積八束は憲法学者で貴族院議員、正三位勲一等。

陳重の長男・重遠は「日本家族法の父」といわれ、東大教授・法学部長、最高裁判所判事を歴任した。二男・律之助海軍造船少将。三男・真六郎朝鮮総督府官僚参議院議員。重遠の子・重行大東文化大学学長(専攻は近代イギリス史)。

主な縁戚[編集]

系図[編集]

 
鈴木重麿
 
穂積重樹
 
 
穂積重頴
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
徳川宗賢
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松方冬子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
浅尾荘一郎
 
陽子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
長女
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
児玉源太郎
 
 
ナカ
 
 
 
 
 
 
 
 
尾高勝五郎
 
 
尾高惇忠
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
穂積重行
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
穂積陳重
 
 
 
穂積重遠
 
 
岩佐美代子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
やへ
 
 
千代
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
歌子
 
 
 
穂積律之助
 
磯野富士子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
渋沢元助
 
渋沢栄一
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
磯野誠一
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
穂積真六郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
芳賀矢一
 
 
 
敏子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
芳賀檀
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
孝子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
渋沢貞子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
渋沢元治
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
渋沢市郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
光子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
石黒孝次郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
石黒忠篤
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
晴子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
三枝子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
市河三喜
 
 
 
 
 
 
長谷川三千子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
野上豊一郎
 
 
野上耀三
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
野上弥生子
 
 
野上素一
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
千葉亀之助
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
渋沢文平
 
渋沢成一郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
星野辰雄
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
穂積八束
 
 
 
万亀子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
穂積重威
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
浅野泰順
 
浅野総一郎
 
 
マツ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
桜井小太郎
 
 
 
安芸子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
穂積秀二郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
寿賀子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
箕作佳吉
 
 
 
箕作新六
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
他2男1女
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
浅野泰治郎
 
 
 
浅野一治
 
浅野治史
 
浅野造史
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
浅野博正
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
乾正成
 
板垣退助
 
 
千代子
 
 
 
浅野五郎
 
浅野一
 
浅野一郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
乾正士
 
 
 
乾一郎
 
髙岡眞理子
 
髙岡功太郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
美世子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
髙野長蔵
 
髙野直作
 
 
 
八重野
 
 
 
 
 
 
 
川瀬光世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
髙野成雄
 
 
川瀬徳太郎
 
 
尾崎正
 
尾崎公正
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
板垣鉾太郎
 
 
 
板垣守正
 
 
板垣正明
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
板垣正貫
 
板垣退太郎
 
 
 
 
 
 
 
 
松本三郎平
 
松本丑太郎
 
 
節子
 
 
 
 
 
 
 
板垣直磨
 
板垣晶大
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松本君平
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

脚注[編集]

  1. ^ 高遠弘美 (2017年11月21日). “市河晴子に恋して――『歐米の隅々』ほか”. ALL REVIEWS. ノエマ(鹿島茂事務所). 2019年9月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年9月7日閲覧。

参考文献[編集]