穆宗 (遼)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
穆宗 耶律述律
第4代皇帝
王朝
在位期間 951年10月11日 - 969年3月12日
姓・諱 耶律述律
劉璟→劉明(漢名)
諡号 天順皇帝
孝安敬正皇帝
廟号 穆宗
生年 天顕6年8月5日
931年9月19日[1]
没年 応暦19年2月22日
969年3月12日
太宗
靖安蕭皇后
陵墓 懐陵
年号 応暦 : 951年 - 969年

穆宗(ぼくそう)は、の第4代皇帝述律。太宗耶律堯骨の長男。史書によれば、性格は非常に残忍で拷問を好んだとある。

生涯[編集]

天禄5年(951年)、第3代皇帝であった従兄の世宗が暗殺されると、世宗一族を滅ぼし自ら即位した。しかし即位後は奢侈に走って政治を顧みず、重臣も権力争いからそれぞれの派閥に分裂、遼は次第に衰退の兆しを見せ始めた。このため応暦15年(964年)に満州北部で遼に対する大規模な反乱が起こったが、応暦16年(966年)には反乱を鎮圧している。

応暦19年(969年)、王朝内の混乱から側近により暗殺された。享年39。

脚注[編集]

  1. ^ 遼史』太宗本紀に、「天顕六年八月庚申、皇子述律生」との記述がある。穆宗が生まれた天顕6年8月5日はユリウス暦で換算すると931年9月19日となる。