積丹岳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
積丹岳
標高 1,255.3 m
所在地 日本の旗 日本
北海道積丹町
位置 北緯43度16分14秒
東経140度28分49秒
座標: 北緯43度16分14秒 東経140度28分49秒
積丹岳の位置
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

積丹岳(しゃこたんだけ)は、北海道積丹町に位置する標高1,255.3m。

概要[編集]

地形が急峻な積丹半島では唯一、登山道が整備されている。このため夏は登山、冬は山スキーなどのレジャーが楽しめる山として親しまれている。特に登山では、山頂に至るまでの高山植物群、山頂から望む日本海の風景など、他にはない特色を持つ山として知られている。

山頂付近[編集]

積丹半島の最高峰である余別岳(1,298m)に向けて、積丹岳から縦走する道も存在するが、一等三角点の維持管理用の歩道であり、正式な登山道ではなく管理はされていないため注意が必要である。かつては積丹地蔵の名で知られる地蔵像が祀られていた。

アクセス[編集]

国道229号より林道へ入る。登山路そのものの標識はないが、中央バスの「登山口バス停」が目印となる(路線バス余市駅-積丹余別間)。2合目付近に位置する無料休憩所(実質的に山小屋)までは車両が入り込める道路となっているが、そこからは完全に歩道となる。

近隣の山[編集]

  • 余別岳 (1,298m)
  • ポンネアンチシ山 (1,145m)

事故[編集]

夏場は登山客や山菜採り、冬場はスキー客など多数の人が入りこむために、遭難や事故も頻発する山である。2007年3月には、中腹に乗り入れていたスノーモービル雪崩に巻き込まれて4人が死亡した。2009年2月には、スノーボーダーが遭難死している。