積水化成品工業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
積水化成品工業株式会社
Sekisui Plastics Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報
東証1部 4228
1973年4月2日上場
本店所在地 日本の旗 日本
530-8565
大阪市北区西天満2丁目4番4号
関電堂島ビル
設立 1948年(昭和23年)11月20日
(文化企業株式会社)
業種 化学
法人番号 7120001065932
事業内容 樹脂、シート、建材
代表者 代表取締役社長柏原正人
資本金 165億33百万円
発行済株式総数 95,976千株
売上高 連結:1,136億60百万円
単独:785億2百万円
営業利益 連結:39億30百万円
単独:24億46百万円
純利益 連結:25億30百万円
単独:20億89百万円
包括利益:60億95百万円
純資産 連結:582億75百万円
単独:516億76百万円
総資産 連結:1,162億1百万円
単独:1,029億34百万円
従業員数 連結:1,859[666] 人
単独:444[34]人
決算期 3月31日
主要株主 積水化学工業株式会社 21.19%
第一生命保険株式会社(常任代理人資産管理サービス信託銀行株式会社) 6.31%
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口) 3.93%
積水化成品従業員持株会 3.88%
積水樹脂株式会社 2.95%
大同生命保険株式会社 (常任代理人日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社) 2.95%
株式会社エフピコ 2.81%
株式会社三菱UFJ銀行 2.76%
旭化成ケミカルズ株式会社 2.60%
住友化学株式会社(常任代理人日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社) 2.60%
主要子会社 株式会社積水化成品山口 100%
株式会社積水技研 100%
株式会社積水化成品北海道 100%
外部リンク http://www.sekisuiplastics.co.jp/
特記事項:経営指標は 2015年3月 第71期 有価証券報告書
※1:従業員数は就業人員であり、単独には当社から社外への出向者105名を除き、社外から当社への出向者18名を含んでいる。臨時従業員数は[ ]内に当事業年度の平均人員を外数で記載している。なお、臨時従業員には、パートタイマー及び嘱託契約の従業員を含み、派遣社員を除いている。
テンプレートを表示

積水化成品工業株式会社(せきすいかせいひんこうぎょう、Sekisui Plastics Co., Ltd.)は、発泡樹脂(EPS=発泡スチロール)を製造する最大手の企業である。

概要[編集]

筆頭株主が積水化学工業であるため積水グループに属する。積水グループの中核会社・積水化学工業同様三和グループにも属するが、積水化学工業が三水会みどり会両方に加盟しているのに対し積水化成品工業はみどり会のみに加盟している[1][2]。連結子会社・持分法適用会社には積水化成品山口、湘南積水工業、積水化成品北海道、積水技研などがある。

沿革[編集]

  • 1958年(昭和33年)10月
    • 本店を大阪市北区宗是町1番地に設置し、積水スポンジ工業株式会社を設立。
    • 本社事務所及び奈良工場を奈良県奈良市南京終町に設け発泡性ポリスチレンビーズ及び塩ビ発泡事業に着手。
  • 1960年(昭和35年)4月 - 発泡性ポリスチレンビーズの製造、販売を開始。
  • 1961年(昭和36年)
    • 2月 - 東京営業所を東京都港区に設置。
  • 1961年(昭和36年)
    • 9月 - 茨城県古河市に関東工場設置。
    • 10月 - 本社事務所を大阪市北区堂島浜通に移転。
  • 1962年(昭和37年)7月 - 発泡ポリスチレンシートの製造、販売を開始。
  • 1963年(昭和38年)
    • 3月 - 文化企業株式会社の商号を積水スポンジ工業株式会社に改称。
    • 6月 - 株式額面変更のため、積水スポンジ工業株式会社(新商号)を存続会社として、積水スポンジ工業株式会社(旧商号)に吸収合併。
    • 8月 - 発泡ポリウレタンフォームの販売を開始。
  • 1964年(昭和39年)9月 - 大阪証券取引所市場第二部に株式を上場。
  • 1966年(昭和41年)11月 - 奈良県天理市に天理工場設置、発泡ポリスチレンシートの製造を開始。
  • 1968年(昭和43年)8月 - 発泡ポリエチレンフォームの製造、販売を開始。
  • 1969年(昭和44年)10月
    • 商号を積水化成品工業株式会社に変更。
    • 本店を奈良市に移転し、本社事務所を大阪市に設置。
    • 滋賀県甲賀市に滋賀工場設置、発泡性ポリスチレンビーズの製造を開始。
  • 1973年(昭和48年)4月 - 東京証券取引所市場第二部に株式を上場。
  • 1976年(昭和51年)7月 - 北海道エスレン株式会社を設立。(現:積水化成品北海道)
  • 1978年(昭和53年)
    • 4月 - 大分県中津市に大分工場設置、発泡ポリスチレンシートの製造を開始。
    • 9月 - 東京・大阪両証券取引所市場第一部に指定。
  • 1981年(昭和56年)4月 - 茨城県猿島郡境町に境工場(後の茨城境工場)設置、押出発泡ポリスチレンボードの製造を開始。
  • 1989年(平成元年)9月 - 岡山県笠岡市に岡山工場設置、発泡ポリスチレンシートの製造を開始。
  • 1993年(平成5年)4月 - 原聚化学工業股份有限公司に資本参加。(現:台湾積水化成品股份有限公司)
  • 1994年(平成6年)
    • 4月 - 茨城県筑西市に茨城下館工場設置、発泡ポリスチレンシートの製造を開始。
    • 12月 - 技研化成株式会社を買収。(現:積水技研)
  • 1995年(平成7年)
    • 7月 - 本店を現在地である本社事務所に移転。
    • 8月 - 奈良市による土地収用により奈良工場を閉鎖。
  • 2004年(平成16年)6月 - 天津積水化成品有限公司を設立
  • 2006年(平成18年)1月 - Sekisui Plastics U.S.A.,Inc.を設立。(現 連結子会社)
  • 2007年(平成19年)
    • 6月 - Sekisui Plastics Europe B.V.を設立。(現 連結子会社)
    • 12月 - 積水化成品(蘇州)科技有限公司を設立。(現 連結子会社)
  • 2010年(平成22年)3月 - 押出発泡ポリスチレンボード事業を譲渡。
  • 2012年(平成24年)4月 - 各工場を廃止し、子会社の積水化成品関東・積水化成品滋賀・積水化成品天理・積水化成品九州に移管。

事業所[編集]

主な生産拠点[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 六大企業集団の無機能化 - 同志社大学学術情報検索システム内にあるPDFファイル。筆者は経済学者の田中彰。
  2. ^ メンバー会社一覧 - みどり会

関連項目[編集]