穴川駅 (三重県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
穴川駅
駅入口(2014年2月)
駅入口(2014年2月)
あながわ
Anagawa
M88 志摩磯部 (1.6km)
(2.8km) 志摩横山 M90
所在地 三重県志摩市磯部町穴川1386-3
駅番号  M89 
所属事業者 近畿日本鉄道(近鉄)
所属路線 M 志摩線
キロ程 17.6km(鳥羽起点)
伊勢中川から59.1km
電報略号 アナ
駅構造 高架駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
34人/日(降車客含まず)
-2015年-
開業年月日 1929年昭和4年)7月23日
備考 無人駅(乗車駅証明書発行機 有)
テンプレートを表示
ホーム

穴川駅(あながわえき)は、三重県志摩市磯部町穴川にある、近畿日本鉄道(近鉄)志摩線である。駅番号はM89

歴史[編集]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を持つ高架駅。ホーム有効長は2両。駅舎はあるものの、出入口は上下線とも共通となっており、そこから階段で各ホームに移動する。

鳥羽駅管理の無人駅。ワンマン運転の普通電車ではドアカットによる降車時集札が実施され、乗車位置も1ヶ所に限定されている。自動券売機未設置のため、ホームに乗車駅証明書発行機が設置されている。

のりば[編集]

のりば 路線 方向 行先
1 M 志摩線 下り 鵜方賢島方面
2 M 志摩線 上り 鳥羽大阪名古屋方面

当駅乗降人員[編集]

近年における当駅の1日乗降人員の調査結果は以下の通り[9]

  • 2015年11月10日:57人
  • 2012年11月13日:68人
  • 2010年11月9日:69人
  • 2008年11月18日:77人
  • 2005年11月8日:61人

利用状況[編集]

「三重県統計書」によると、1日の平均乗車人員は以下の通りである。

年度 一日平均
乗車人員
1997年 65
1998年 56
1999年 46
2000年 50
2001年 44
2002年 41
2003年 34
2004年 31
2005年 29
2006年 35
2007年 32
2008年 36
2009年 31
2010年 30
2011年 28
2012年 30
2013年 26
2014年 32
2015年 34

穴川駅の利用状況の変遷を下表に示す。

  • 輸送実績(乗車人員)の単位は人であり、年度での総計値を示す。年度間の比較に適したデータである。
  • 乗降人員調査結果は任意の1日における値(単位:人)である。調査日の天候・行事等の要因によって変動が大きいので年度間の比較には注意を要する。
  • 表中、最高値を赤色で、最高値を記録した年度以降の最低値を青色で、最高値を記録した年度以前の最低値を緑色で表記している。
年度別利用状況(穴川駅)
年度 当駅分輸送実績(乗車人員):人/年度 乗降人員調査結果:人/日 特記事項
通勤定期 通学定期 定期外 合 計 調査日 調査結果
1958年(昭和33年) 41,289 ←←←← 89,122 130,411      
1959年(昭和34年)   ←←←←          
1960年(昭和35年)   ←←←←          
1961年(昭和36年)   ←←←←          
1962年(昭和37年)   ←←←←          
1963年(昭和38年)   ←←←←          
1964年(昭和39年)   ←←←←          
1965年(昭和40年) 51,750 ←←←← 65,214 116,964      
1966年(昭和41年) 46,770 ←←←← 50,936 97,706      
1967年(昭和42年) 45,080 ←←←← 52,335 97,415      
1968年(昭和43年) 35,130 ←←←← 53,994 89,124      
1969年(昭和44年) 37,260 ←←←← 46,080 83,340     改良工事のため営業休止(バス代行)
1970年(昭和45年) 39,840 ←←←← 49,421 89,261     標準軌化し営業再開
1971年(昭和46年) 41,850 ←←←← 44,327 86,177      
1972年(昭和47年) 43,440 ←←←← 45,439 88,879      
1973年(昭和48年) 35,520 ←←←← 49,610 85,130      
1974年(昭和49年) 33,450 ←←←← 53,493 86,943      
1975年(昭和50年) 33,990 ←←←← 46,620 80,610      
1976年(昭和51年) 33,180 ←←←← 40,887 74,067      
1977年(昭和52年) 26,970 ←←←← 36,274 63,244      
1978年(昭和53年) 29,280 ←←←← 33,101 62,381      
1979年(昭和54年) 30,600 ←←←← 31,397 61,997      
1980年(昭和55年) 25,710 ←←←← 28,683 54,393      
1981年(昭和56年) 26,340 ←←←← 26,499 52,839      
1982年(昭和57年) 22,410 ←←←← 23,774 46,184 11月16日 208  
1983年(昭和58年) 22,410 ←←←← 21,006 43,416 11月8日 206  
1984年(昭和59年) 19,500 ←←←← 20,445 39,945 11月6日 176  
1985年(昭和60年) 15,300 ←←←← 18,608 33,908 11月12日 89  
1986年(昭和61年) 14,940 ←←←← 16,456 31,396 11月11日 139
1987年(昭和62年) 13,380 ←←←← 15,033 28,413 11月10日 101  
1988年(昭和63年) 10,410 ←←←← 14,228 24,638 11月8日 77  
1989年(平成元年) 9,150 ←←←← 13,457 22,607 11月14日 77  
1990年(平成2年) 11,490 ←←←← 8,767 20,257 11月6日 82  
1991年(平成3年) 10,110 ←←←← 8,917 19,027      
1992年(平成4年) 8,370 ←←←← 9,145 17,515 11月10日 74  
1993年(平成5年) 10,740 ←←←← 11,221 21,961      
1994年(平成6年) 15,600 ←←←← 15,545 31,145      
1995年(平成7年) 15,210 ←←←← 12,949 28,159 12月5日 147  
1996年(平成8年) 15,360 ←←←← 11,705 27,065      
1997年(平成9年) 13,380 ←←←← 10,472 23,852      
1998年(平成10年) 11,790 ←←←← 8,738 20,528      
1999年(平成11年) 10,080 ←←←← 6,864 16,944      
2000年(平成12年) 11,520 ←←←← 6,758 18,278      
2001年(平成13年) 10,110 ←←←← 5,936 16,046      
2002年(平成14年) 9,210 ←←←← 5,667 14,877      
2003年(平成15年) 6,960 ←←←← 5,568 12,528      
2004年(平成16年) 6,420 ←←←← 4,873 11,293      
2005年(平成17年) 6,000 ←←←← 4,630 10,630 11月8日 61  
2006年(平成18年) 7,980 ←←←← 4,784 12,764      
2007年(平成19年) 7,740 ←←←← 3,894 11,634      
2008年(平成20年)   ←←←←     11月18日 77  
2009年(平成21年) 6,900 ←←←← 4,412 11,312      
2010年(平成22年) 6,750 ←←←← 4,341 11,091      
2011年(平成23年) 6,030 ←←←← 4,239 10,269      
2012年(平成24年) 6,390 ←←←← 4,439 10,829 11月13日 68  
2013年(平成25年) 4,500 ←←←← 5,110 9,610      
2014年(平成26年)   ←←←←          
2015年(平成27年)   ←←←←          


駅周辺[編集]

バス路線[編集]

最寄り停留所は、穴川駅口となる。以下の路線が乗り入れ、三重交通により運行されている。

その他[編集]

  • 有人駅だった頃、駅スタンプが設置されていた(ドジョウの絵が描かれていた)
  • 賢島方には穴川トンネルが隣接している[10]

隣の駅[編集]

近畿日本鉄道
M 志摩線
志摩磯部駅 (M88) - 穴川駅 (M89) - 志摩横山駅 (M90)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 曽根悟(監修) 『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 大手私鉄』2号 近畿日本鉄道 1、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2010年8月22日、18-23頁。ISBN 978-4-02-340132-7。
  2. ^ 『近畿日本鉄道 100年のあゆみ』 354-356頁
  3. ^ 磯部郷土史刊行会 編 1963, p. 330.
  4. ^ 『近畿日本鉄道 100年のあゆみ』 680頁
  5. ^ 磯部町史編纂委員会 編 1997, p. 1281.
  6. ^ 『近畿日本鉄道 100年のあゆみ』 436頁
  7. ^ 磯部町史編纂委員会 編 1997, p. 1291.
  8. ^ 新たに志摩線10駅および西信貴ケーブル高安山駅でICカードサービスを導入!近鉄の鉄道全駅(生駒ケーブルを除く)でPiTaPa、ICOCAなどICカードをご利用いただけるようになります。”. KINTETSU NEWS RELEASE. 近畿日本鉄道秘書広報部 (2015年6月3日). 2015年9月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月13日閲覧。
  9. ^ 駅別乗降人員 志摩線 - 近畿日本鉄道
  10. ^ 国土地理院発行1:25,000地形図「磯部」(大正9年測量、平成9年修正測量、平成10年8月1日発行)

参考文献[編集]

関連項目[編集]