陸上自衛隊空挺教育隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
陸上自衛隊空挺教育隊
創設 1955年(昭和30年)8月31日
所属政体 日本の旗 日本
所属組織 Flag of the Japan Self-Defense Forces.svg 陸上自衛隊
部隊編制単位
兵科 諸職種混成
兵種/任務/特性 教育隊
空挺作戦に係る教育と研究
所在地 千葉県 船橋市
編成地 香椎
愛称 空教
上級単位 第1空挺団
テンプレートを表示

陸上自衛隊空挺教育隊(りくじょうじえいたいくうていきょういくたい、JGSDF Airborne Training Unit)は、陸上自衛隊第1空挺団に隷属する陸上自衛隊の教育隊である。

概要[編集]

降下訓練塔

習志野駐屯地千葉県船橋市)に所在し、陸上自衛隊における空挺に関する必要な知識及び技能を修得させるための教育訓練を行うことを主任務とするほか、空挺部隊の運用や落下傘及び空挺用特殊装具等に関する教育・研究・調査を主要任務としている。

高さ80mの降下訓練塔を有するため、操縦訓練生の落下傘降下訓練[1]航空自衛隊救難員の基本降下課程と空挺レンジャー課程の教育を受託しており、近年は海上自衛隊特別警備隊に対する、基本降下課程の受託も併せて行われている。

沿革[編集]

1955年(昭和30年)1月10日、福岡県香椎において編成された臨時空挺練習隊が前身であり、同年4月5日に現在地に移駐、同年8月31日に空挺教育隊と改称し編成完結。翌1956年(昭和31年)1月25日には隷下に第101空挺大隊を編成した。1958年(昭和33年)6月25日、第1空挺団が編成完結となり、同団隷下に編入され現在に至る。また、1970年代にはダッカ日航機ハイジャック事件後に、団内において臨時の特別レンジャー隊が編組されたこともあった。これは、空挺レンジャー課程修了者の中から選抜され、各種ハイジャック事件に対応できるようにするための応急的な部隊であった。その後、似たような部隊が現れては消え、現れては消えて(数ヶ月単位で訓練隊や演習編成部隊として細々と存在していた。)、後の特殊作戦群の下地となった。

設置されている課程[編集]

  • 基本降下課程
  • 降下長課程
  • 自由降下課程
  • 幹部/陸曹空挺レンジャー課程

部隊編成[編集]

  • 総務科
  • 落下傘整備科・・・落下傘及び空挺用特殊装具等の保存及び整備
  • 研究科・・・空挺部隊の基礎的運用、物量投下等及び教育訓練に関する調査研究及びそれらに関する図書の管理
  • 学生隊

主要幹部[編集]

官職名 階級 氏名 補職発令日 前職
空挺教育隊長 1等陸佐 中村英昭 2017年03月23日 第5旅団司令部第3部長
歴代の空挺教育隊長心得
(1等陸佐・習志野駐屯地司令兼補)
氏名 在職期間 前職 後職
衣笠駿雄 1955年08月31日 - 1957年03月15日
※1957年02月16日 1等陸佐昇任
(2等陸佐) 空挺教育隊長
習志野駐とん地司令
歴代の空挺教育隊長
(1等陸佐)
(1958年6月24日までの間 習志野駐屯地司令兼補)
氏名 在職期間 前職 後職
01 衣笠駿雄 1957年03月16日 - 1958年06月24日 空挺教育隊長心得
習志野駐とん地司令
第1空挺団
兼 習志野駐とん地司令
0- 片岡亮平
(2等陸佐)
1958年06月25日 - 1958年08月00 空挺教育隊副隊長
(空挺教育隊長心得)
02 西田秀男 1958年08月00日 - 1961年07月31日
※1959年08月01日 1等陸佐昇任
陸上自衛隊幹部学校研究員
03 倉重翼 1961年08月01日 - 1962年03月15日 陸上幕僚監部 防衛研修所所員
04 中西弘毅
(2等陸佐)
1962年03月16日 - 1963年07月31日 第1空挺団勤務 生徒教育隊大隊長
05 三谷博太郎 1963年08月01日 - 1965年07月15日
※1964年07月01日 1等陸佐昇任
陸上自衛隊幹部学校勤務
(2等陸佐)
陸上幕僚監部付
06 八木正忠 1965年07月16日 - 1968年03月15日 第11師団司令部第3部長 第8普通科連隊
米子駐とん地司令
07 本間睦男 1968年03月16日 - 1970年03月15日
※1968年07月01日 1等陸佐昇任
陸上自衛隊富士学校勤務
(2等陸佐)
東部方面総監部
08 田茂佐一 1970年03月16日 - 1970年07月15日 第1空挺団普通科群 第1空挺団副団長
09 大河内剛健 1970年07月16日 - 1971年07月15日
※1971年07月01日 1等陸佐昇任
空挺教育隊勤務
(2等陸佐)
第1特科群
10 林繁己 1971年07月16日 - 1973年07月15日
※1972年07月01日 1等陸佐昇任
第15普通科連隊副連隊長
(2等陸佐)
第7普通科連隊
福知山駐とん地司令
11 松岡文夫 1973年07月16日 - 1975年03月16日 陸上自衛隊幹部学校研究員 第9師団司令部幕僚長
12 谷脇憲司 1975年03月16日 - 1977年03月15日
※1975年07月01日 1等陸佐昇任
第12師団司令部第1部長
(2等陸佐)
第29普通科連隊
倶知安駐とん地司令
13 花山勝音 1977年03月16日 - 1979年01月09日
※1977年07月01日 1等陸佐昇任
陸上自衛隊幹部候補生学校勤務
(2等陸佐)
普通科教導連隊
滝ヶ原駐とん地司令
14 久田博之 1979年01月10日 - 1981年03月15日 陸上幕僚監部防衛部研究課
分析班長
第1空挺団副団長
15 松山省二 1981年03月16日 - 1983年03月15日 第101装甲輸送隊 第39普通科連隊
弘前駐屯地司令
16 村田成久 1983年03月16日 - 1985年08月07日 第1空挺団勤務 陸上自衛隊業務学校研究員
17 平田英男 1985年08月08日 - 1987年07月31日 第2師団司令部第1部長 第1師団司令部監察官
18 重高昭教 1987年08月01日 - 1990年03月15日 第1空挺団普通科群長 第1空挺団本部付
19 片山一儀
(2等陸佐)
1990年03月16日 - 1991年07月31日 第8師団司令部第1部長 第12師団司令部監察官
20 高橋正義 1991年08月01日 - 1993年07月31日 第1空挺団本部高級幕僚 第13後方支援連隊
第13師団司令部第4部長
21 西迫健一 1993年08月01日 - 1996年03月24日 第1空挺団本部高級幕僚 陸上自衛隊会計監査隊副隊長
22 山崎安男 1996年03月25日 - 1997年03月25日 大宮駐屯地業務隊 第1空挺団本部付
23 寺田米三 1997年03月26日 - 1999年07月31日 陸上自衛隊北海道地区補給処
需品部長
第1空挺団本部勤務
24 高橋敏政 1999年08月01日 - 2002年03月21日 陸上幕僚監部教育訓練部付 第14普通科連隊
金沢駐屯地司令
25 平田健治 2002年03月22日 - 2005年03月22日 陸上自衛隊幹部学校学校教官
26 吉村卓久 2005年03月23日 - 2006年08月03日 第48普通科連隊 東部方面総監部総務部長
27 宮本恭良 2006年08月04日 - 2008年03月25日 第4陸曹教育隊
28 和知喜久雄 2008年03月26日 - 2010年03月22日
※2009年01月01日 1等陸佐昇任
自衛隊体育学校勤務
(2等陸佐)
駒門駐屯地業務隊長
29 大川浩史 2010年03月23日 - 2012年03月22日 陸上自衛隊幹部学校学校教官 中央即応集団司令部付
30 賦勺義矢 2012年03月23日 - 2013年11月30日 第28普通科連隊
函館駐屯地司令
第19普通科連隊
31 谷口喜一郎 2013年12月01日 - 2014年12月18日 陸上自衛隊研究本部研究員 第42普通科連隊
32 小野田宏樹 2014年12月19日 - 2017年03月22日 陸上自衛隊研究本部研究員 西部方面総監部
→2017年3月27日 水陸機動準備隊長
33 中村英昭 2017年03月23日 - 第5旅団司令部第3部長

脚注[編集]

関連項目[編集]