空気投

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

空気投(くうきなげ)は、柔道に使われる技名。別名空気投げ真空投(しんくうなげ)、真空投げ

概要[編集]

空気投と呼ばれる技は二つあり、一つは三船久蔵が開発した隅落である。空気投と言えば、ほとんどが、この技を指すほどである。しかし、隅落1920年に制定された技であり、空気投はそれ以前までは、浮落の一種[1]であった。その技は、石黒敬七が大学時代の1918年頃に開発した技で、空氣投という異名を持っていた。

プロレス技にも「空気投げ」と呼ばれる技が存在している。日本のミゼットプロレスにおいて、リトル・フランキーらトップ選手の間で代々受け継がれてきたフィニッシュ・ホールドで、掛け手が両手を広げて隅落の型を決めると、受け手はその場で前回り受身を取り、そのままピンフォールを取られることとなる。柔道の隅落との決定的な違いは、「相手に触れずに投げ飛ばす」点である。

脚注[編集]

  1. ^ Mikinosuke KAWAISHI. Ma methode de judo. Jean Gailhat(イラスト). フランス: Judo international. p. 87. "KUKI-NAGE"