空賊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

空賊(くうぞく)は、主に武装した航空機などを用いて、航行中の航空機や地上の町を襲撃し、略奪行為を行う架空盗賊のこと。空の盗賊。SFファンタジー作品に登場することが多い。

概要[編集]

多くは海を舞台にした海賊、山を根城にした山賊などの、いわゆる盗賊のイメージをそのまま空に移したものとして描かれる。一機、もしくは複数の航空機を所有して一団をなし、海賊や盗賊と同様の行為を行う。物語の世界観によって、現実的な航空機を用いているものもあれば、飛行空母や、魔法などの特殊な技術を用いた航空機を用いているものもある。義賊として描かれるものも多い。海賊と違って歴史的に実在したことはないが、ファンタジーなどの物語ではしばしば用いられる題材である。

初出[編集]

日本で「空賊」という語が登場したのは、田中貢太郎の怪談「追っかけて来る飛行機」(1934)の記述が確認できる限り[誰によって?]最初である[1]

「海賊があるから、やがて空賊くうぞくと云うのができるかも知れないよ」 — 田中貢太郎、「追っかけて来る飛行機」

ドイツ語では「Luftpirat」という語が1908年に登場している。英語には「空賊」を一語で表す単語はなく、空の海賊ということから一般的には「Air pirate」や「Sky pirate」などと表記されるが、どちらも20世紀初頭には登場している。

現実における事例[編集]

ツェッペリンL23とロイヤル号

これまで、空からの海賊行為は少なくとも1回記録されている。第一次世界大戦中の1917年4月23日、英国向けの木材を積荷として北海を航行中だったノルウェーの民間帆船「ロイヤル(ROYAL)」号が、ドイツのツェッペリン飛行船L23 (LZ66) 号の搭乗員に乗り込まれて拿捕された[2]。遭遇後、ツェッペリンは船の上を旋回したのち、すぐ近くに来ると船首正面に爆弾を落として停止させた。そして近くに降りた飛行船から3人のドイツ人が船に送り込まれ、「ロイヤル」号の船員は閉じ込められた。翌朝ドイツ海軍駆逐艦が現れ、さらに人員が乗り込んできた。しかし彼らは帆や索具を操ることができなかったため、閉じ込めていた船員らを解放すると、船をドイツのクックスハーフェンへと向かわせるよう命じ、翌朝に到着した。「ロイヤル」号はドイツの裁判所に押収され、売却された。その後は戦時中も戦後もドイツの色々な海運会社に売却されて使われたが、1924年にスクラップとなった[3][4][5][6]

また、ハイジャック犯のことを英語で「Air pirate」と呼ぶことがある。世界で初めて記録された航空機ハイジャック事件は1931年に起きており(非公式だが1929年の発生事例もある)、「Air pirate」という語はその何年も前から存在していた。また日本でも、日本航空ハイジャック事件が続けて起きた1970年代には、ハイジャック犯のことを「空賊」と呼称した記事がいくつか出ているが[7]、現在はその意味で使われることはなくなっている。

空賊が登場する作品[編集]

小説[編集]

  • ジュール・ヴェルヌ征服者ロビュール』(1886)とその続編『世界の支配者』(1904) - 「空賊」という語は使われていないが、地上にいる人物を飛行船で拉致する展開がある。
  • オスカー・ホフマン(ドイツ語: Oskar Hoffmann (Autor))〈空賊と彼の飛行船(ドイツ語: Der Luftpirat und sein lenkbares Luftschiff〉シリーズ(1908-1911) - ドイツのパルプSFで、「Luftpirat(空賊)」と呼ばれるモルス船長が出てくる。
  • ギャレット・P・サービススカイ・パイレート(英語: The Sky Pirate (novel)」(1909) - 「Sky Pirate(空賊)」と呼ばれるアルフォンソ・ペイトン船長。
  • ジョン・A・ヘファーナン(John A. Heffernan) The Sky Police(1910)[8]
  • スティーヴン・ギャラード(Stephen Gaillard) The Pirates of the Sky: A Tale of Modern Adventure(1915)[9][10]
  • ガイ・ソーン英語版『空賊』The Air Pirates(1919) - 高速飛行艇を操る正体不明の賊に旅客飛行艇が襲撃・略奪される。
  • ジョン・W・キャンベル「空中海賊株式会社」 Piracy Preferred (1930) - 『暗黒星通過!』 The Black Star Passes (1953)所収。邦訳では「空賊」という語は使われていない。原語では「The Pirate」と表記[11]
  • A・H・ジョンソン(A. H. Johnson)The Raid of the Mercury(1931)[12]
  • 田中貢太郎「追っかけて来る飛行機」 - 『日本怪談全集 第一巻』(改造社、1934)所収[1]。空賊自体が登場するわけではないが、「空賊」という日本語の初出。
  • ポール・スチュワート崖の国物語〉シリーズ The Edge Chronicles (1998-2010) - 原語では空賊を「sky pirates」と表記。
  • 小林泰三「天獄と地国」(1999) - 短編集『海を見る人』(2002)所収。「空賊」に「パイレーツ」とルビが振ってある。のちに長編『天獄と地国』(2011)へ組み込まれた。
  • 米田淳一『フリー・フライヤー』(2003) - 〈プリンセス・プラスティック〉シリーズ中の1作。
  • ヤマグチノボルゼロの使い魔〉シリーズ(2004-2017)
  • 神尾アルミ『アルトレオの空賊姫 暁天の少女と世界の鍵』(2011) - 空賊団アルトレオ。
  • ゲイル・キャリガー〈英国空中学園譚〉シリーズ Finishing School (2013-) - 原語では「flywaymen」となっている。
  • 高遠夕『竜と飛翔機』(2014)

実写映画[編集]

  • Pirates of 1920(1911) - サイレント映画[13][14]
  • フィリバス(英語: Filibus(1915) - マリオ・ロンコローニ(Mario Roncoroni)が監督したイタリアのサイレント映画。

漫画[編集]

アニメ[編集]

ゲーム[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 田中貢太郎 追っかけて来る飛行機 - 青空文庫
  2. ^ Robinson, Douglas Hill (1962). The Zeppelin in Combat: A History of the German Naval Airship Division, 1912-1918. London: G.T. Foulis. pp. 220–21. OCLC 1302222. 
  3. ^ “A ZEPPELIN'S CAPTURE OF A SCHOONER”. The Times: p. 5. (1917年5月12日) 
  4. ^ “Zeppelin captures ship”. Flight IX (19): 10. (May 10, 1917). ISSN 0015-3710. http://flightglobal.com/pdfarchive/view/1917/1917%20-%200448.html 2017年8月26日閲覧。. 
  5. ^ Friedrich Engelke”. Flieger und Luftschiffer. 2017年8月26日閲覧。
  6. ^ shipstamps.co.uk • View topic - ROYAL barque 1881”. shipstamps.co.uk. 2017年8月26日閲覧。
  7. ^ 国立国会図書館デジタルコレクション - 検索結果
  8. ^ Bleiler, Everett; Bleiler, Richard (1990). Science-fiction, the Early Years: A Full Description of More Than 3,000 Science-fiction Stories from Earliest Times to the Appearance of the Genre Magazines in 1930: with Author, Title, and Motif Indexes (Page 357). Kent State University Press. p. 357. ISBN 0-87338-416-4. https://books.google.com/books?id=KEZxhkG5eikC&pg=PA357&lpg=PA357&dq=air+pirate+fiction&source=bl&ots=M2IkGVwE9y&sig=TJ9vz9PEX4sdtstz9PXZfUuYcnI&hl=en&sa=X&ei=b9GRVa-AOIX6sAWr2Z_4CA&ved=0CCoQ6AEwAjgK#v=onepage&q=air%20pirate%20fiction&f=false. 
  9. ^ Gaillard, Stephen (1915). The Pirates of the Sky: A Tale of Modern Adventure. Chicago: Rand McNally & Company. https://books.google.com/books?id=ixQfAAAAMAAJ&pg=PR1&lpg=PR1&dq=the+pirates+of+the+sky+a+tale+of+modern+adventure&source=bl&ots=wS3Htv0Ddt&sig=m-mYKOo-wkF4SWf_vmW_fLNeqH8&hl=en&sa=X&ei=yhyPVaKoIsHaoAT985pw&ved=0CEMQ6AEwBw#v=onepage&q=the%20pirates%20of%20the%20sky%20a%20tale%20of%20modern%20adventure&f=false. 
  10. ^ Bleiler, Everett; Bleiler, Richard (1990). Science-fiction, the Early Years: A Full Description of More Than 3,000 Science-fiction Stories from Earliest Times to the Appearance of the Genre Magazines in 1930: with Author, Title, and Motif Indexes (Pages 271-272). Kent State University Press. pp. 271–272. ISBN 0-87338-416-4. https://books.google.com/books?id=KEZxhkG5eikC&pg=PA271&lpg=PA271&dq=air+pirates+fiction&source=bl&ots=M2IkEYoE9z&sig=FErdMysE1y7-yPBY461IwdQn8Zk&hl=en&sa=X&ei=IBqPVdiuKojWoAT1jZSoCg&ved=0CFgQ6AEwDQ#v=onepage&q=air%20pirates%20fiction&f=false. 
  11. ^ Amazing Stories Volume 05 Number 03 : Internet Archive
  12. ^ Bleiler, Everett; Bleiler, Richard (1998). Science-Fiction: The Gernsback Years: A Complete Coverage of the Genre Magazines Amazing, Astounding, Wonder, and Others from 1926 Through 1936. Kent State University Press. p. 194. ISBN 0-87338-604-3. https://books.google.com/books?id=PbMdeizaCNcC&pg=PA194&lpg=PA194&dq=air+piracy+fiction&source=bl&ots=OExfldCJHE&sig=MYufpYm7ZTAOmJ48i-9INvgcvAE&hl=en&sa=X&ei=mdSRVeWyFMn7tQXoybKoAg&ved=0CC0Q6AEwAzgK#v=onepage&q=air%20piracy%20fiction&f=false. 
  13. ^ Lawson, Mark (2014年12月5日). “Beware air pirates, be nice to Martians: lessons from the dawn of British sci-fi”. New Statesman. 2015年7月9日閲覧。
  14. ^ Paris, Michael (1992). Winged Warfare: The Literature and Theory of Aerial Warfare in Britain, 1859-1917. Manchester University Press. p. 57. ISBN 0-7190-3694-1. https://books.google.com/books?id=SxcNAQAAIAAJ&pg=PA57&lpg=PA57&dq=pirates+of+1920+1911&source=bl&ots=_pgpi9zoJv&sig=ZI62v4CO3GibJDjXS5D0D-0WTsc&hl=en&sa=X&ei=YgmSVeDFNsPEsAXwg6H4Dg&ved=0CFsQ6AEwDA#v=onepage&q=pirates%20of%201920%201911&f=false. 

参考文献[編集]

  • 幻想職業案内所(スタジオエクレア)『幻想世界のハローワーク 『ドラクエ』の勇者から『FF』の聖騎士まで!』(笠倉出版社、2012) ISBN 978-4-77-308638-6
  • サイドランチ 編『ゲームシナリオのためのファンタジー解剖図鑑:すぐわかるすごくわかる歴史・文化・定番260』(誠文堂新光社、2016) ISBN 978-4-41-651607-2

関連項目[編集]