空軍航空技術学院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Air Force Institute of Technology
空軍航空技術學院
校訓 親愛精誠
学校種別 軍事院校
設立年 1936年3月16日
学長 李國祥少将
所在地 中華民国の旗 中華民国高雄市岡山区
介壽西路198號(介壽校區,原通校)
巨輪路1號(巨輪校區,原機校)
キャンパス 郊外
ウェブサイト www.afats.khc.edu.tw
テンプレートを表示

空軍航空技術学院学校(くうぐんこうくうぎじゅつがくいん、Air Force Institute of Technology)は、台湾高雄市に位置する、中華民国空軍附属の技術官養成の技術学院。

キャンパス[編集]

  • 第1キャンパス:旧「空軍通信電子学校」
  • 第2キャンパス:旧「空軍機械学校」

歴史[編集]

月日 事跡
1933年 10月 軍政部航空署、技術処処長銭昌祚、陳昌祖、周徳鴻の三名に「航空機械学校」設立準備委員会の設立を命じる[1]
1934年 3月 江西省南昌の老営房飛行場内にて「航空機械学校準備処」設立、整備士の臨時訓練が実施される[1]
1936年 3月16日 南昌老営房飛行場内にて「航空機械学校」が正式に開校
1937年 中央航空学校に「通信人員訓練班」を設置
1937年 8月 日中戦争の影響で「航空機械学校」が成都へ疎開
1940年 2月 「通信人員訓練班」が成都に疎開
「空軍通信人員訓練班」と改称
1938年 11月1日 「航空機械学校」を「空軍機械学校」と改称
1944年 1月1日 「空軍通信技術訓練班」を「空軍通信学校」と改編・独立
1948年 空軍機械学校、国共内戦の影響で遷台、高雄市岡山区の第六十一海軍航空廠工員養成所跡地を校舎とする[2]
1949年 6月 空軍通信学校10期学生および教職員、遷台
1957年 - 「空軍通信学校」を「空軍通信電子学校」と改称
1996年 8月1日 「空軍機械学校」と「空軍通信電気学校」を統合し「空軍航空技術学校」が開校
2001年 8月1日 「空軍航空技術学院」と改称

組織[編集]

学生[編集]

教員[編集]

スポーツ・サークル・伝統[編集]

主な出身者[編集]

主な教員[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b 林玉萍『75風華-空軍航空技術學院七十五週年校慶特刊』2011 p.32
  2. ^ 林玉萍『75風華-空軍航空技術學院七十五週年校慶特刊』2011 p.34