穿刺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

穿刺(せんし, puncture)とは、注射針などの先端の尖った中空の器具を用いて、検査したいものを大きく切り開くことなく、内容を調べること。

医学における穿刺[編集]

穿刺では、内容物を吸引・排出することができるため、また経路を通じて薬物を投与できるため、検査と同時に治療を兼ねることもある。

  • 胸腔穿刺 ... 胸水を採取し、診断に用いる。多量の胸水がある場合には、ドレナージを行い、呼吸を改善させることもある。[1]
  • 心嚢穿刺 ... 心嚢液を採取する。心タンポナーデでは、心嚢液による圧迫が取れ、心機能が改善する。
  • 腹腔穿刺 ... 腹水を採取する。多量の腹水に対してはドレナージを行うこともある。
  • 腰椎穿刺 ... 脳脊髄液を採取する。穿刺ルートを通じて、造影剤を注入し、レントゲン撮影などを行うこともある。[2]
  • 関節穿刺 ... 関節液を採取する。
  • 穿刺細胞診 ... 種々の臓器で行われる。甲状腺乳房など表皮から近い臓器で用いられることが多い。

脚注[編集]

  1. ^ http://merckmanual.jp/mmpej/sec05/ch047/ch047i.html
  2. ^ http://www.onitaiji.com/spine/cpath/path7.html

関連項目[編集]