窓をあけて九州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
九電グループpresents
新 窓をあけて九州
ジャンル ドキュメンタリー番組
出演者 週替わり
製作
制作 RKB毎日放送(幹事局)
長崎放送
熊本放送
大分放送
宮崎放送
南日本放送
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2016年4月3日 -
放送時間 日曜 10:00 - 10:15
放送分 15分
公式サイト
開始から1989年9月24日まで
放送期間 1979年10月7日 - 1989年9月24日
放送時間 日曜日9:30 - 9:45
放送分 15分
1989年10月1日から2012年3月25日まで
放送期間 1989年10月1日 - 2012年3月25日
放送時間 日曜日10:00 - 10:15
放送分 15分
新 窓をあけて九州
2016年4月3日から
オープニング 古澤巌「FULLHOUSE」
放送期間 2016年4月3日 -
放送時間 日曜日10:00 - 10:15
放送分 15分

特記事項:
e-JNN九州JNN系列)6局が持ち回りで制作。

窓をあけて九州』(まどをあけてきゅうしゅう)は、1979年10月7日から2012年3月25日まで九州地方のe-JNN6局(RKB毎日放送長崎放送熊本放送大分放送宮崎放送南日本放送)で放送されていたドキュメンタリー番組

本項では、後継番組である『新 窓をあけて九州』(しん まどをあけてきゅうしゅう)についても記述する。現在の正式タイトル名は『九電グループpresents 新 窓をあけて九州』→(きゅうでんグループプレゼンツ しん まどをあけてきゅうしゅう、過去は九州電力グループpresents表記)。

概要[編集]

1979年10月7日に放送を開始し、2009年には放送30周年を迎えた長寿番組。番組は九州地方で活動する人物にスポットライトを当て、彼らが様々な分野で活躍する様をドキュメンタリーで綴っていた[1]。番組制作はネット局が持ち回りで担当、1局あたり年間で8本制作していた[1]。1982年以降は年間放送作品を審査するコンクールがあり[1]、最優秀作品は年度末にアンコール放送されていた。また、過去に放送された作品は日本民間放送連盟賞やJNNネットワーク協議会賞を受賞したものも多数ある。

この番組は前身となる『九州再発見』(1967年開始)より九州電力一社提供で放送されていた[2]が、2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震東日本大震災)や東京電力福島第一原子力発電所事故による電力不足の影響、さらには自社の玄海原子力発電所佐賀県東松浦郡玄海町)再稼動を巡るやらせメール問題による不祥事で、震災以後は番組提供やCMの放送を見合わせることが殆どとなった(特に番組提供は震災以後自粛していた)。そして玄海原子力発電所・川内原子力発電所の稼動停止に伴う経営悪化により九州電力がスポンサーを降板したため、番組は2012年3月25日放送分をもって終了し、32年半の放送に幕を閉じた[2]。その間の平均視聴率は7%から8%と推移していた[3]。後番組は『世界一の九州が始まる!』。

新 窓をあけて九州[編集]

2016年3月17日、九州電力はグループ会社3社(九電工九州通信ネットワーク(現:QTnet)キューデンインフォコム)と共同で4年ぶりに番組提供を再開し『新 窓をあけて九州』を同年4月3日から放送することを発表した[2][4][3]。この背景には2016年4月から始まった電力小売全面自由化によって、九電自体の企業イメージを向上させた上で、お客さんを引き留めたいという狙いがあった[3]。これにより、九州のJNN系列では琉球放送を除いて日曜朝10時台にドキュメンタリー番組が2本連続することになった。

放送時間とネット局[編集]

放送対象地域 放送局 系列 放送時間(JST 放送時差 備考
福岡県 RKB毎日放送 TBS系列
e-JNN加盟
日曜 10:00 - 10:15 同時ネット
※RKB基準
幹事局
長崎県 長崎放送
熊本県 熊本放送 [5]
大分県 大分放送
宮崎県 宮崎放送
鹿児島県 南日本放送 [6]

※以上6局ブロックネット

参考[編集]

九州エリア外にあるJNN系列局の大半では、同時刻にTBS制作の『サンデージャポン』(10:00 - 11:22)が放送されている。本番組はe-JNN参加局のうち、テレビ山口には山口県中国電力の管轄のためにネットされていなかったが、かつては中国ブロックの同種番組『ふれあいの道』(NTT中国グループ提供、1990年代まで放送。中国放送山陽放送山陰放送と持ち回りで制作)の制作に参加していた。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『MBC51~60年の軌跡 ~地域メディアとして~』p.104
  2. ^ a b c 下舞幸作「九電提供「窓をあけて九州」再開」『南日本新聞』2016年3月18日26面。
  3. ^ a b c 九電がTV番組スポンサー復帰、4年ぶり”. 読売新聞 (2016年3月18日). 2016年3月18日閲覧。
  4. ^ 九州電力グループによる提供番組「新 窓をあけて九州」の開始について”. 九州電力. 2016年3月18日閲覧。
  5. ^ 2017年2月19日・2018年2月18日は「熊本城マラソン」生中継放送のため、15:00 - 15:15の時差放送。
  6. ^ 毎年1月最終日曜日は「鹿児島県地区対抗女子駅伝競走大会」・2017年3月5日・2018年3月4日は「鹿児島マラソン」生中継放送のため、15:00 - 15:15の時差放送。

参考文献[編集]

  • 『MBC51〜60年の軌跡 〜地域メディアとして〜』南日本放送、2014年 pp.104-105

関連項目[編集]

e-JNN 日曜9時30分枠
前番組 番組名 次番組
九州再発見
窓をあけて九州
(1979.10.7 - 1989.9.24)
サンデーモーニング
(1989.10.1 - )
※本番組からTBS制作の全国ネット枠
e-JNN 日曜10時枠
前番組 番組名 次番組
仮面ライダーBLACK RX
(1988.10.23 - 1989.9.24)
※本番組まで毎日放送制作の全国ネット枠
窓をあけて九州
(1989.10.1 - 2012.3.25)
列車に乗って
(2012.4.1 - 2016.3.27)
e-JNN 日曜10時枠
列車に乗って
(2012.4.1 - 2016.3.27)
新 窓をあけて九州
(2016.4.3 - )
-
e-JNN 九州電力一社提供枠
前番組 番組名 次番組
九州再発見
窓をあけて九州
(1979.10.7 - 2012.3.25)

新 窓をあけて九州
(2016.4.3 - )
-
e-JNN ドキュメンタリー番組枠
前番組 番組名 次番組
九州再発見
窓をあけて九州
(1979.10.7 - 2012.3.25)
e-JNN ドキュメンタリー番組枠
世界一の九州が始まる!
(2012.4.1 - )
※番組は継続
新 窓をあけて九州
(2016.4.3 - )
-