窪田将治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
くぼた しょうじ
窪田 将治
本名 同じ
生年月日 (1974-05-09) 1974年5月9日(44歳)
出生地 日本の旗 日本宮崎県宮崎市
職業 映画監督
活動期間 1997年 - 現在
活動内容 映画
事務所 FAITHentertainment
公式サイト http://www.shojikubota.com/
主な作品
野良犬はダンスを踊る(2015)
僕の中のオトコの娘(2012)
CRAZY-ISM クレイジズム(2011)
【江戸川乱歩エロティック・シリーズ】
屋根裏の散歩者(2016)
D坂の殺人事件(2015)
失恋殺人(2010)

窪田 将治(くぼた しょうじ、1974年5月9日 - )は、宮崎県宮崎市出身の映画監督演出家脚本家劇作家

来歴[編集]

1974年5月9日生、宮崎県宮崎市出身。日本映画学校(現・日本映画大学)卒業。在学中には脚本家池端俊策映画監督細野辰興に師事。卒業後、1997年より自主映画制作の傍らミュージックビデオの演出やファッションショーなどの映像演出を手掛ける。

2006年11月、『zoku』で劇場映画デビュー。

2009年6月、女子プロレスを題材にした映画『スリーカウント』で長編映画デビューを果たす。

2010年3月、映画監督5人(細野辰興・五十嵐匠サトウトシキいまおかしんじ・窪田将治)が予算、時間、脚本を同一条件のもとに作り上げたオムニバス映画『ちちり』(2010年)を企画・プロデュースし公開。同年4月、江戸川乱歩原作の『失恋殺人』(原題『妻に失恋した男』、主演:宮地真緒)を監督・脚本し[1]、第34回モントリオール世界映画祭“Focus on World Cinema”部門に正式出品され、高い評価を受けた[2]

2011年4月、『CRAZY-ISM クレイジズム』(主演:馬場良馬)を監督・脚本[3]。『失恋殺人』に続き、2年連続でモントリオール世界映画祭“Focus on World Cinema部門”正式出品される[4]

2012年12月、ゲイでもないのに女性の格好をする「女装娘(じょそこ)」を題材にした異色映画『僕の中のオトコの娘[5](主演:川野直輝)を監督・脚本。本作もモントリオール世界映画祭“Focus on World Cinema部門”正式出品される[6]

2013年11月、小劇団を舞台にした『夜明け前 朝焼け中』(主演:馬場良馬)を監督・脚本。

2014年6月、再び女子プロレスを題材に『太陽からプランチャ』(主演:相馬圭祐)を監督・脚本。

2015年2月、『失恋殺人』と同じく江戸川乱歩の原作『D坂の殺人事件』(主演:祥子)を監督・脚本。同年4月、『BAR神風〜誤魔化しドライブ〜』(主演:高木心平)を監督・脚本。同年10月、近藤芳正を主演に迎え『野良犬はダンスを踊る』を監督・脚本し、4度目となるモントリオール世界映画祭“Focus on World Cinema部門”正式出品がなされた[7]。同作で近藤は芸能生活40年を前に映画初主演となる[8]

2016年3月、映画監督生活10周年を記念してCBGKシブゲキ!!にて『窪田将治監督特集上映〜バージンを奪われた男たち』が行われ、『CRAZY-ISM クレイジズム』『僕の中のオトコの娘』『野良犬はダンスを踊る」の3作品が上映される[9]。同年7月、江戸川乱歩エロティック・シリーズ第3弾として『屋根裏の散歩者』(主演:木嶋のりこ間宮夕貴)を監督・脚本[10]。同年9月、劇団チャンピオンを旗揚げし、創作の場を演劇へ広げ、お笑いトリオ、鬼ヶ島アイアム野田を主演に迎え『戦士たちの憂鬱』を作・演出[11]。アイアム野田は本舞台が初舞台初主演となる。

また、自身の映像展『鳴かぬなら俺が鳴こうホトトギス』展を1996年より不定期開催している。映像展ではショートフィルムの上映の他、写真、絵といった芸術思考の高い作品を発表している。その他、テレビ番組の企画・演出・構成作家としてなど多方面で活躍している。

監督作品[編集]

劇場公開映画[編集]

「※」は兼脚本作品

自主制作作品[編集]

  • 伝染くん音頭(2007年)※
  • VID Letter (2000年)※
  • 超不明人〜三代目魚武濱田成夫の不明宣言リターンズ〜(1999年) ドキュメンタリー
  • やまびこ賛歌(1997年)※
  • ポケットに麦藁帽子(1995年)※
  • 空が落ちてくる。(1994年)※

ミュージックビデオ[編集]

テレビ[編集]

舞台[編集]

  • 「戦士たちの憂鬱」(2016年9月7日 - 11日:新宿シアターモリエール)作・演出[18]

映像展[編集]

  • 鳴かぬなら俺が鳴こうホトトギス 娯(2001年)渋谷ギャラリー・ル・デコ
  • 鳴かぬなら俺が鳴こうホトトギス 志(2000年)渋谷ギャラリー・ル・デコ
  • 鳴かぬなら俺が鳴こうホトトギス 参(1999年)渋谷Gambetta
  • 鳴かぬなら俺が鳴こうホトトギス 通(1996年)高田馬場ギャラリー麦
  • 鳴かぬなら俺が鳴こうホトトギス 壱(1996年)日本映画学校

インタビュー関連[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 宮地真緒、デビュー10年の集大成 主演映画で大胆濡れ場
  2. ^ 映画「失恋殺人」、モントリオール世界映画祭へ!!
  3. ^ 監督は恐い? それともチャーミング? 馬場良馬が初主演作の監督のキャラに言及
  4. ^ 2年連続でモントリオール世界映画祭へ!窪田将治監督『クレイジズム』正式出品決定!
  5. ^ 「女装娘」という不思議な世界
  6. ^ モントリオール世界映画祭、3年連続正式出品決定!窪田将治監督最新作『僕の中のオトコの娘』
  7. ^ 近藤芳正の初主演作がモントリオール世界映画祭に正式出品
  8. ^ 名バイプレイヤー近藤芳正、53歳にして映画初主演!「ベッドシーンなど初めてのことがいっぱいです!」
  9. ^ 窪田将治監督特集上映~バージンを奪われた男たち~
  10. ^ オールヌードで激しい濡れ場!木嶋のりこ&間宮夕貴がセクシー競演
  11. ^ アイアム野田(鬼ヶ島)舞台初主演!海外映画祭でも評価の高い映画監督 窪田将治が演出を担当!
  12. ^ “美女の“ガチンコ”恐怖体験「心霊ツアーズ」が「夏のホラー秘宝まつり」で公開!”. 映画.com. (2018年6月11日). https://eiga.com/news/20180611/6/ 2018年6月11日閲覧。 
  13. ^ 近藤芳正が初主演!ハードボイルドなベテラン殺し屋役で濡れ場にも挑戦
  14. ^ 『BAR神風~誤魔化しドライブ~』 -シネマトゥデイ
  15. ^ 謎の美女“祥子”映画初主演で濡れ場!江戸川乱歩原作『D坂の殺人事件』でオールヌードに挑戦
  16. ^ “女装娘”撮った窪田監督 最新作の舞台は女子プロレスと地下アイドル
  17. ^ 古湯映画祭で日韓交流 佐賀・古湯、19日から
  18. ^ 映画監督が演出する舞台シリーズ第一弾「戦士たちの憂鬱」が9月に上演/主演は鬼ヶ島のアイアム野田

関連人物[編集]