立原元夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
立原 元夫 Football pictogram.svg
名前
カタカナ タツハラ モトオ
ラテン文字 TATSUHARA Motoo
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1913年1月14日
出身地 東京市品川区
没年月日 没年不明
身長 164cm[1]
体重 64kg[1]
選手情報
ポジション MF
ユース
1933-1936 早稲田大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
早稲田大学WMW
代表歴
1934-1942 日本の旗 日本 4 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

立原 元夫(たつはら もとお、1913年1月14日 - 没年不明)は、東京市品川区出身のサッカー選手。父は法曹の雄と呼ばれた花井卓蔵

略歴[編集]

東京高等師範学校附属中学校(現:筑波大学附属高校)在学中よりサッカーを始め、1933年に早稲田大学に入学し、在学中はア式蹴球部に所属した。1934年に開催された第10回極東選手権競技大会日本代表に選出され、5月13日のオランダ領東インド(現:インドネシア)代表戦で日本代表として初出場した。1935年にはア式蹴球部の主将を務めた[2]

1936年3月に早稲田大学を卒業して大日本人造肥料(現:日産化学)に入社[2]。同年に開催されたベルリンオリンピックの日本代表に選出され[1]、1936年8月のスウェーデン代表戦など2試合に出場した(ベルリンの奇跡を参照)[3]

1942年8月、満州国建国十周年慶祝東亜競技大会日本代表に選出され、主将として3試合に出場した[4]

所属クラブ[編集]

代表歴[編集]

出場大会[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 4試合 0得点(1934-1936)


日本代表国際Aマッチ その他期間通算
出場得点 出場得点出場得点
1934 2 0 0 0 2 0
1935 0 0 0 0 0 0
1936 2 0 4 0 6 0
1937 0 0 0 0 0 0
1938 0 0 0 0 0 0
1939 0 0 0 0 0 0
1940 0 0 0 0 0 0
1941 0 0 0 0 0 0
1942 0 0 3 0 3 0
通算 4 0 7 0 11 0

出典[編集]

  1. ^ a b c 「オリムピックへ十六選手決定す」朝日新聞 (1936年4月23日) 2016年9月11日閲覧
  2. ^ a b 「早大蹴球部卒業選手勤務先」 読売新聞、1936年1月30日、2016年9月26日閲覧
  3. ^ ベルリンオリンピック”. 日本サッカー協会. 2016年9月26日閲覧。
  4. ^ 満州国建国十周年慶祝東亜競技大会”. 日本サッカー協会. 2016年9月26日閲覧。