立山杉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
仙洞スギ(富山県中新川郡立山町)
芦峅雄山神社境内杉林(富山県中新川郡立山町)
中村の大杉(富山県中新川郡上市町
御手植え杉(富山県富山市

立山杉(たてやますぎ)は、富山県東部の立山を中心とする山岳地帯に自生するスギ[1][2][3]。また、造林用に育苗された品種のことも指す[3]。寒さや雪に強いという特徴を持っており[1][2][3]垂直分布の上限は標高2,070メートル[4]木材としては、年輪の幅が狭く[5]、強度に優れており、主に建築材料として利用される[6]。富山県の木[1][2][7]立山町の木に指定されている[8]

主な自生地[編集]

著名な立山杉[編集]

  • 仙洞スギ(中新川郡立山町芦峅寺) - 幹周9.4m、樹高21m[10][16][17]。「ブナ平立山のスギ」として森の巨人たち百選に選定[16]
  • 不老樹(中新川郡立山町芦峅寺) - 幹周10.5m、樹高34m[10][18]。3本の木が固まって立つ[10][18]
  • 美女杉(中新川郡立山町芦峅寺)[19] - 美女平駅の脇に立つ2本の木[20]
  • 芦峅雄山神社境内杉林(中新川郡立山町芦峅寺) - 幹周2 - 6m[21]、122本[22]。県の天然記念物に指定[21][23]
  • 中村の大杉(中新川郡上市町中村) - 樹高20m余り[24]。町の天然記念物に指定[24][25]
  • 大沢の地鎮杉(魚津市大沢) - 幹周8.5 - 10m[26]、樹高約40m[26][27][28]。県の天然記念物に指定[26][27][28]
  • 立山杉の古木(滑川市中野) - 幹周3.1m、樹高約30m[7]。市の天然記念物に指定[29]
  • 立山杉の古木(滑川市下梅沢) - 2004年の台風第18号で倒伏し、市の天然記念物の指定も解除された[7]
  • 日吉社の大杉(小矢部市杉谷内) - 市の天然記念物に指定[30][31]
  • 御手植え杉(富山市西笹津) - 1947年に昭和天皇が植樹した3本の木[32]

脚注[編集]

  1. ^ a b c “富山県の県木に指定されている樹木といえば?”. 北日本新聞. (2011年8月28日). http://webun.jp/item/2002028 2017年8月19日閲覧。 
  2. ^ a b c 石須秀知 (2017年3月14日). “富山県の木天然スギがおもしろい!(1)力強いタテヤマスギ”. 北日本新聞. http://webun.jp/item/7352882 2017年8月19日閲覧。 
  3. ^ a b c 用語解説た行”. 富山県. 2017年8月19日閲覧。
  4. ^ 平英彰、「タテヤマスギ」、富山大百科事典編集事務局編 『富山大百科事典』下巻 北日本新聞社、1994年、175頁。全国書誌番号:95015589 
  5. ^ 高桑進 2012, p. 28.
  6. ^ 富山の木 富山県にはどんなスギがあるの?”. 富山県木材組合連合会. 2017年8月19日閲覧。
  7. ^ a b c 立山杉の古木 (PDF)”. 滑川市. 2017年8月19日閲覧。
  8. ^ ここです!立山町”. 立山町. 2017年8月19日閲覧。
  9. ^ 巨木の愛称”. 林野庁中部森林管理局. 2017年8月19日閲覧。
  10. ^ a b c d 立山スギ巨木愛称選定木散策マップ (PDF)”. 林野庁中部森林管理局富山森林管理署. 2017年8月19日閲覧。
  11. ^ 立山美女平・ブナ坂・下ノ小平”. 日本の森・滝・渚全国協議会. 2017年8月19日閲覧。
  12. ^ 黒川正博 (2016年11月23日). “ふるさとの山々:高きが故に貴からず 中山 富山・上市町=1255メートル”. 毎日新聞. https://mainichi.jp/articles/20161123/ddl/k05/040/034000c 2017年8月19日閲覧。 
  13. ^ 魚津市産業建設部商工観光課 (2012年3月). “魚津市の観光振興事業等について”. とやま経済月報. 富山県. 2017年8月19日閲覧。
  14. ^ 洞杉及び岩上植物群落 (PDF)”. 魚津市. 2017年8月19日閲覧。
  15. ^ 杉沢の沢スギ”. 文化遺産オンライン. 文化庁. 2017年8月19日閲覧。
  16. ^ a b 笹島芳信「森の巨人たち百選「ブナ平立山のスギ」の収集 (PDF) 」 、『関西育種場だより』第62号、森林総合研究所林木育種センター関西育種場、2010年7月、 3頁、 ISSN 1882-58772017年8月19日閲覧。
  17. ^ 仙洞杉の観光情報”. るるぶ.com. JTBパブリッシング. 2017年8月20日閲覧。
  18. ^ a b 不老樹の観光情報”. るるぶ.com. JTBパブリッシング. 2017年8月20日閲覧。
  19. ^ 美女杉の観光情報”. るるぶ.com. JTBパブリッシング. 2017年8月20日閲覧。
  20. ^ JTBパブリッシング、34,50頁。
  21. ^ a b 本多啓七、「芦峅雄山神社境内杉林」、富山大百科事典編集事務局編 『富山大百科事典』上巻 北日本新聞社、1994年、30頁。全国書誌番号:95015589 
  22. ^ 芦峅雄山神社境内杉林”. とやま学遊ネット. 富山県民生涯学習カレッジ. 2017年8月19日閲覧。
  23. ^ 立山町商工会 『たてやま遊歩』 富山県中新川郡立山町商工会婦人部、1989年、70頁。全国書誌番号:91009222
  24. ^ a b 町指定文化財”. 上市町. 2017年8月20日閲覧。
  25. ^ 上市町文化財”. 上市町. 2017年8月20日閲覧。
  26. ^ a b c 大沢の地鎮杉”. 魚津市観光協会. 2017年8月19日閲覧。
  27. ^ a b 長井真隆、「大沢の地鎮杉」、富山大百科事典編集事務局編 『富山大百科事典』上巻 北日本新聞社、1994年、276頁。全国書誌番号:95015589 
  28. ^ a b 大沢の地鎮杉 (PDF) 」 、『月刊日造協』第329号、日本造園建設業協会2001年1月10日、 1頁、2017年8月19日閲覧。
  29. ^ 文化財”. 滑川市 (2017年8月1日). 2017年8月19日閲覧。
  30. ^ 指定文化財5(天然記念物)”. 小矢部市. 2017年8月19日閲覧。
  31. ^ 小矢部市の指定文化財一覧 (PDF)”. 小矢部市. 2017年8月19日閲覧。
  32. ^ “「御手植え杉」見えやすく 細入、住民と県神社庁が整備”. 北日本新聞. (2017年5月18日). http://webun.jp/item/7368953 2017年8月19日閲覧。 

参考文献[編集]