立川らく朝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
立川たてかわ らくちょう
.mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}立川(たてかわ) らく.mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}朝(ちょう)
丸に左三蓋松は、立川流定紋である
本名 福澤ふくざわ 恒利つねとし
生年月日 1954年1月26日
没年月日 (2021-05-02) 2021年5月2日(67歳没)
出身地 日本の旗 日本長野県飯田市
師匠 立川志らく
名跡 1. 立川らく朝(2000年 - 2021年)
出囃子 岸の柳
活動期間 2000年 - 2021年
活動内容 落語家
医師
配偶者 あり
所属 落語立川流ワタナベエンターテインメント
公式サイト 健康落語の立川らく朝

立川 らく朝(たてかわ らくちょう、1954年1月26日 - 2021年5月2日)は、日本落語家で内科医師(医学博士[1][2]落語立川流所属。笑いと健康学会理事、日本ペンクラブ会員[1]ワタナベエンターテンメント所属。

来歴[編集]

長野県飯田市生まれ[1][2]成蹊高等学校を経て、1979年杏林大学医学部卒業[3]慶應義塾大学医学部内科学教室へ入局。慶応健康相談センター(人間ドック)医長を勤める[1]。学位論文は「脳血管障害におけるLDLコレステロール代謝の異常について」[1]。学生時代には、落語研究会に所属。卒業してからも医師の仕事の傍ら、OB会などで落語と関わっていた[2]

1998年、44歳の時に立川志らくの客分の弟子となる[1]2000年3月、46歳でプロの落語家として立川志らくに正式に入門した[1][2]。前座名・らく朝。以後、落語家と医師の二足の草鞋を続ける[4][5]

2004年4月、二ツ目になり、2015年4月落語立川流真打トライアルにて真打昇進決定。同年10月、真打に昇進した[1][2]

2021年2月頃から病気で療養していたが5月2日に死去[6][7]。67歳没。

主な公職[編集]

著書[編集]

  • 笑って生きれば、笑って死ねる(三笠書房、2021年2月)
  • CD付ムック 落語で不調を改善! 笑って自律神経を整える(枻出版社、2016年9月)
  • ドクターらく朝の健康噺(春陽堂書店、2014年10月)
  • 立川らく朝のお笑い健康手帖 - たのしく健康を維持するための秘策おしえます(ぎょうせい、2010年9月) 
  • 笑いの診察室 - らく朝健康噺 -(春陽堂書店、2009年10月)
  • 笑えば治る 立川らく朝の 健康ひとり語り(毎日新聞出版、2007年9月)
  • 立川らく朝の一笑健康(春陽堂書店、2005年3月)
  • 立川らく朝の不労長寿(春陽堂書店、2005年7月)

CD[編集]

  • ドクターらく朝の落語@笑い外来~ヘルシートーク&健康落語~ (日本クラウン、2008年10月)
  • 立川らく朝の健康落語 CDセット全12巻(ユーキャン

メディア出演[編集]

テレビ[編集]

  • Dr.らく朝 笑いの診察室(2012年10月6日 - 2018年3月26日、BS日テレ)

映画[編集]

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h プロフィール(公式サイト)”. 2015年12月14日閲覧。
  2. ^ a b c d e 「立川らく朝・新真打インタビュー」『東京かわら版』2015年10月号、18-19頁
  3. ^ 落語家・医学博士の立川らく朝さん死去 67歳 ORICON NEWS、2021年5月11日閲覧。
  4. ^ “立川らく朝の健康落語”. 佐賀新聞 (佐賀新聞社). (2011年9月15日). http://www1.saga-s.co.jp/info/service.0.2047128.article.html 2017年11月22日閲覧。 
  5. ^ 第3回 医師の二足のわらじ ISHIDO メールマガジン・コラム DR's Net医療関係者向け:ノバルティスファーマ・カルテ”. ノバルティスファーマ (2012年4月13日). 2017年11月22日閲覧。
  6. ^ 立川らく朝 訃報のお知らせ”. 株式会社 ワタナベエンターテインメント (2021年5月11日). 2021年5月12日閲覧。
  7. ^ "立川らく朝さん死去 医学博士、46歳で落語家に 異色の経歴". デイリースポーツ. 神戸新聞社. 11 May 2021. 2021年5月11日閲覧

参考文献[編集]

  • 立川談志・落語立川流一門『談志が死んだ、立川流はだれが継ぐ』講談社、2003年、417P
  • 「立川らく朝・新真打インタビュー」『東京かわら版』2015年10月号、18-19P

関連項目[編集]