立川金馬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

立川金馬(たてかわ きんば)は落語名跡

なお三遊亭金馬とは別の名跡。

  • 初代 立川金馬 - 2代目朝寝坊むらく
  • 2代目 立川金馬(生年不詳 - 1847年1月13日) - 最初は初代雷門助六、後に初代金馬の門下で金山なり初代が1831年にむらくを襲名するのをきっかけに2代目を襲名。
  • 3代目 立川金馬(生没年不詳) - 3代目朝寝坊むらく(後の4代目三笑亭可楽)の門下で2代目助六、文久時代になってから3代目となる。明治時代になって真打の看板を上げた。その後直後に死去したと思われる。
  • 4代目 立川金馬 - 3代目雷門助六が名乗る。

出典[編集]

  • 諸芸懇話会、大阪芸能懇話会共編『古今東西落語家事典』平凡社、ISBN 458212612X