立川陸軍航空整備学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
大日本帝国陸軍
War flag of the Imperial Japanese Army.svg
中央官衙
陸軍省
参謀本部
教育総監部
航空総監部
主要兵力
総軍
方面軍一覧
軍一覧
師団一覧
連隊等一覧
飛行戦隊一覧
歴史・伝統
日本陸軍の歴史
日本陸軍の軍服
その他
階級一覧
兵科・兵種・各部一覧
兵器一覧
通称号
 表示ノート編集履歴 

立川陸軍航空整備学校(たちかわりくぐんこうくうせいびがっこう)とは、東京府立川市に設立された大日本帝国陸軍の教育機関(軍学校)のひとつである。

概要[編集]

1943年8月、昭和18年3月27日軍令陸第10号により陸軍立川飛行場(現:立川飛行場)に陸軍航空総監部隷下の立川陸軍航空整備学校が設置された。

本校の目的は、学生に火器の装備を含む航空兵器の整備・補給に関する教育、整備補給に関する調査・研究、整備用兵器・資材の研究試験などである。将校学生は年一回、下士官学生は年二回の入校であった。

戦局の悪化に伴い、1944年6月、立川教導航空整備師団に改編された。

沿革[編集]

  • 1943年(昭和18年)8月1日 - 立川陸軍航空整備学校を設置。
  • 1944年(昭和19年)6月20日 - 立川教導航空整備師団に改編。

教育課程[編集]

甲種学生

  • 対象 航空関係兵科少佐大尉航技少佐・大尉。
  • 修得内容 航空兵器の整備補給に関する技能・知識。

乙種学生

丙種学生

  • 対象 陸軍航空士官学校学生の課程を卒業した尉官。
  • 修得内容 航空兵器の整備に必要な技能・知識。

航技学生

  • 対象 航技尉官
  • 修得内容 航空兵器の整備に必要な技能・知識。

特殊学生

  • 対象 航空関係尉官
  • 修得内容 機関・電機・計器・火器の修理、工作等に必要な技能・知識。

武装学生

  • 対象 航空関係兵科尉官
  • 修得内容 飛行機の武装に必要な技能・知識。

下士官学生

  • 対象 航空関係下士官
  • 修得内容 航空兵器の整備、飛行機の武装に必要な技能・知識。

歴代校長[編集]

  • 加藤尹義 少将:1943年8月2日 -
  • 仁村俊 少将:1944年6月20日 -
  • 山口槌夫 少将:1945年2月20日 -

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 外山操・森松俊夫編著『帝国陸軍編制総覧』芙蓉書房出版、1987年。
  • 原剛・安岡昭男編『日本陸海軍事典コンパクト版(上)』新人物往来社、2003年。

関連項目[編集]