立木兼善

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

立木 兼善(たちき かねよし、天保5年8月1834年) - 明治42年(1909年12月24日)は、日本の政治家。旧姓杉浦。正四位。

経歴[編集]

淡路国津名郡谷村(現・兵庫県淡路市仮屋谷)の村医者の子・杉浦七郎として生まれる(のち林立玄 林徹之丞 立木徹之丞と改名)[1][2][3]徳島藩士族。洲本にあった徳島(蜂須賀)藩筆頭家老稲田家の学問所益習館で学び、天誅組の変などに関わるなど勤王の志士として頭角を現す[1][4]

明治2年(1869年)明治政府に出仕し、若松県知事、若松県権知事、福島県権知事となる[5]。明治3年(1870年岩倉具視の内命により庚午事変調停のため、岩鼻県権知事小室彰と共に徳島に滞在するが、不調に終わり帰京する。明治4年(1871年2月20日中野騒動鎮圧後の中野県に権知事として赴任し、長野町善光寺取締所を設置。県庁の長野移転を政府に上申し、同年6月22日太政官布告を受け、7月25日に移転。同年長野県権令となる。明治6年(1873年)、筑前竹槍一揆鎮圧後の福岡県令に異動。明治8年(1875年)、四等判事に任じられ、東京上等裁判所に勤務し、翌年横浜裁判所長となり、農民騒動真土事件などを扱う[2]西南の役に従軍。明治12年(1879年)に免官し[6]、民権派の法律事務所「北洲社」を経営、真土事件で農民側を勝訴にしたことで農民らの信頼篤く、「吾国勇名ノ国士」と期待され農民側の代言人を務めた[7]

明治18年(1885年)東京府御用掛を経て、兇徒聚衆事件のあった小笠原の出張所所長となり、明治19年(1886)に小笠原島庁の初代島司に就任[6]。島では、国外退去を拒否して移送されてきた金玉均の監視などを行なった[1]。のち元老院議官貴族院議員を歴任し、退官後は、石上神宮松尾神社の宮司を務めた[3]

栄典[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 淡路が生んだ偉人 立木兼善と岡田鴨里淡路サンシャインホール、
  2. ^ a b 明治十八年・小笠原島兇徒聚衆事件裁判考 手塚豊、法学研究61巻8号(1988年8月)
  3. ^ a b 立木兼善徳島幕末維新期 人名事典、徳島県立文書館
  4. ^ 淡路の歴史的人物「岡田鴨里と立木兼善」を紹介 市役所でパネル展産経ニュース、2016.6.10
  5. ^ 淡路島に残る中野県関係資料大滝敦士(中野市立博物館)
  6. ^ a b レファレンス事例詳細 中央-2007-38/5386レファレンス協同データベース、国立国会図書館
  7. ^ 第二編 明治前期 第二章 自由民権運動デジタル神奈川県史 通史編4 神奈川県立公文書館
  8. ^ 『官報』第2094号「叙任及辞令」1890年6月24日。
  9. ^ 『官報』第3266号「叙任及辞令」1894年5月22日。

参考文献[編集]